2020年07月13日更新

初心者でもわかる機能訓練メニュー・プログラム内容

ご高齢者に提供する機能訓練メニューがわからない、プログラムがマンネリ化しているなどのお悩みはありませんか?機能訓練プログラムには、様々な道具を活用した訓練プログラムや認知症予防・誤嚥予防などの目的に合わせたメニュー、身体機能・生活機能の維持・改善を目的とした個別機能訓練加算Ⅰ・Ⅱなどがあります。今回は、ご高齢者が日常生活を営むために必要な機能訓練プログラム内容や個別機能訓練加算についてプログラム事例も含めてご紹介します。

簡単・安心の個別機能訓練加算ソフト「リハプラン」

機能訓練とは

ご高齢者の機能訓練とは、通所介護(デイサービス)などの介護サービス提供者側が、ご高齢者が住み慣れた地域や自宅で生活が送り続けれるように一人ひとりの身体状況や目標に合わせた個別の機能訓練プログラムを提供することを指します。

 

機能訓練メニューには、「ご高齢者一人おひとりの身体機能や生活機能の維持・向上を目的とした個別のプログラム」「さまざまな道具や誤嚥予防などの疾病・疾患の予防を目的とした集団のプログラム」などがあります。

 

指定の算定要件をクリアし、この機能訓練を提供したデイサービスにおいては、個別機能訓練加算Ⅰ(46単位/日)個別機能訓練加算Ⅱ(56単位/日)を加算として算定することができることができます。

【参考資料】

1.厚生労働省ホームページ,社保審-介護給付費分科会 第141回(H29.6.21) 参考資料3,通所介護及び療養通所介護 (参考資料)

2.厚生労働省老健局振興課長, 通所介護及び短期入所生活介護における個別機能訓練加算に関する事務処理手順例及び様式例の提示について

【関連記事】

個別機能訓練加算とは

個別機能訓練加算の算定要件から実践プログラムまで一からご紹介します。

個別機能訓練加算としての機能訓練メニューについて

では最初に、身体機能の維持・改善を目的とした個別機能訓練加算Ⅰと・生活機能の維持・改善を目的として個別機能訓練加算Ⅱの機能訓練メニューについて加算の違いを踏まえてご紹介していきます。
 

個別機能訓練メニュー提供の課題



厚生労働省の平成26年度のデータを見てみると、個別機能訓練加算Ⅰと個別機能訓練加算Ⅱの機能訓練メニューの内容は、「関節可動域訓練」「筋力増強訓練」「歩行訓練」に偏っていることがわかります。
 
これは機能訓練メニューを主として提供する機能訓練指導員や介護スタッフが、個別機能訓練加算Ⅰと個別機能訓練加算Ⅱの目的によって提供する機能訓練プログラムの種類がわからないといった課題があることがあるのではないでしょうか。
 
そこで、個別機能訓練加算Ⅰと個別機能訓練加算Ⅱのそれぞれの訓練メニューの違いについてご紹介していきます。

【参考資料】

1.厚生労働省ホームページ,社保審-介護給付費分科会 第128回(H28.3.30) 資料1-3,(3)リハビリテーションと機能訓練の機能分化と その在り方に関する調査研究 (結果概要)

個別機能訓練加算Ⅰの機能訓練メニュー

高齢者の機能訓練イメージ

個別機能訓練加算Ⅰの個別機能訓練メニューでは、筋力・バランスなどの心身機能の維持・向上を提供します。

また、個別機能訓練加算Ⅰの個別機能訓練メニューは、利用者様が主体的に選択でき、生活意欲を増進する訓練項目を複数準備する必要があります。人数の規定はなく、複数の「グループ活動」に分かれて機能訓練を行うことができます。

身体機能の維持・向上の個別機能訓練メニュー

筋力増強訓練
関節可動域訓練(ストレッチ)
・筋緊張緩和
・バランス練習
・マシントレーニングなど

疾病・疾患の維持・予防の個別機能訓練メニュー
・咀嚼(せっしょく)訓練
・嚥下(えんげ)訓練
・パーキンソン体操
・認知症予防訓練など


個別機能訓練Ⅰのワンポイントアドバイス

歩けないなら筋力訓練?

しばしば歩行困難な方に、筋力増強訓練や麻痺改善のための徒手訓練(施術)が大切で、それによって歩行可能な状態にしようと考えがちである。しかし、その人の生活に適した福祉用具(杖や歩行器、装具など)などを選択し、実用的な歩行能力を向上させることも重要な視点である。

そのため、個別機能訓練Ⅰのメニューに加えて、個別機能訓練Ⅱのメニュー(最適な福祉用具の選択を含む)を同時に実現していくことが重要である

【関連記事】

個別機能訓練加算Ⅰの算定要件から訓練内容まで学べるC子さんの事例

個別機能訓練加算Ⅰの算定要件から機能訓練メニューについて事例を通してご紹介します。

個別機能訓練加算Ⅱの機能訓練メニュー

個別機能訓練メニュー

個別機能訓練加算個別機能訓練メニューでは、日常生活を営むために必要な5つの生活目標に対して個別機能訓練メニューを提供します。

具体的には、寝返り・起き上がりなどの「基本動作」やトイレ・着替えなどの「日常生活活動」や洗濯、掃除などの「家事動作」、囲碁・手工芸などの「趣味活動」、町内会への参加などの「社会的活動」の5つとなっています。

厚生労働省によると個別機能訓練加算Ⅱの個別機能訓練メニューは、生活動作などの具体的な動作訓練やそれを模倣した反復動作訓練を提供するなどとしています。また、類似の生活目標をもつ利用者様であれば「5名程度以下」の小集団に対して機能訓練を実施することができます。

基本動作の個別機能訓練メニュー
・寝返り訓練
・起き上がり訓練
・立ち上がり訓練など
日常生活動作の個別機能訓練メニュー
・箸の訓練
・髭剃り訓練
・ズボンの着脱訓練
・ドアの開閉訓練
・洗体動作訓練
・浴槽のまたぎ動作訓練など
家事動作の個別機能訓練メニュー
・掃除機の操作訓練
・洗濯物干し動作訓練
・配膳動作訓練
・金銭管理訓練
・調理訓練など
趣味・余暇活動の個別機能訓練メニュー
・パソコンの操作訓練
・園芸活動訓練
・屋外歩行訓練(散歩)
・ゲートボール訓練
・カラオケ訓練(発声訓練)
・編み物訓練(指先の練習)など
社会的活動の個別機能訓練メニュー
・屋外の歩行訓練
・不整地の歩行訓練
・階段昇降訓練
・公共交通機関の利用訓練など

【関連記事】

個別機能訓練加算Ⅱの実践プログラム | カラオケ編

カラオケの獲得を目標としてた機能訓練メニューを事例を通してご紹介します。

さまざまな道具を使用した機能訓練メニューについて

ここからは、デイサービス内でもできるタオル・セラバンド・セラプラストという道具を活用した機能訓練メニューをそれぞれご紹介していきます。

 

タオルを使用した機能訓練メニュー

 
個別機能訓練メニュー

最初に家庭にも置いてあるタオルを活用した機能訓練メニューをご紹介します。
 
 
タオルは、テコの原理を活用できるので、力の弱いご高齢者でも目的の筋肉を簡単にストレッチすることができ、柔軟性アップの効果が期待できます。
 
 
高齢者は、若い頃と比べて体を動かす機会が減り、運動量が明らかに低下するため「足のむくみ」をはじめとして血行の循環が悪くなります。そのため、ストレッチを目的とした機能訓練メニューに定期的に取り組みことで「血行循環」や「筋肉の萎縮」を予防していきましょう!

【関連記事】

タオル体操 全13種 | 高齢者に効果的な座ってできるエクササイズ法

タオルを使用した機能訓練メニューを13種類ご紹介します。

セラバンドを使用した機能訓練メニュー

 
個別機能訓練メニュー


次に、セラバンドという道具を使用した個別機能訓練メニューをご紹介します。
 
 
セラバンドは、ゴム製でバンドの長さを調整できるので非常に低負荷の運動から開始でき、筋力アップの効果が期待できます。通所介護(デイサービス)を使用されている利用者様にも安心して使用していただくことができます。
 

ご高齢者の場合は、洗濯物を干したり、布団を収納したりと高いところに手を伸ばすことが苦手になりやすくなります。そこでセラバンドを活用して肩周辺の筋力を鍛えていきましょう。

【関連記事】

高齢者のためのセラバンド体操

セラバンドを使用した機能訓練メニューを16種類ご紹介します。

セラプラストを使用した機能訓練メニュー

 
 
個別機能訓練メニュー

こちらの機能訓練は、セラプラストという道具を活用した機能訓練メニューです。
 

セラプラストは、適度の硬さがある粘土状の道具のため指の力が弱く、細かな作業が困難な方へ提供することをお勧めします。
 
こちらの訓練プログラムでは、器を作る際に指先で「伸ばす」「引っ張る」「整える」などの要素を鍛えることができます。

【関連記事】

セラプラストを使用した手指のリハビリプログラム 【全14種】

セラプラストを使用した機能訓練メニューをご紹介します。

生活機能の維持・改善を目的とした機能訓練メニューについて

ここからは、ご高齢者ごとの生活機能の維持・改善や疾病・疾患の予防を目的とした機能訓練メニューをそれぞれご紹介していきます。

 

認知症予防を目指した機能訓練メニュー

個別機能訓練メニュー

高齢者施設やデイサービスで必ずといっていいほど行われている「認知症予防」を目的とした機能訓練メニューをご紹介します。
 
 
現場で行われている脳トレは、紙面上のものをよく見かけますが、指さきを動かすことも脳のトレーニングとして有効とされています。
 

指さきは、体の中でも触覚が敏感でより細かい精緻な運動ができるように神経が密に分布しています。そのため、指さきを動かす個別機能訓練メニュー個別機能訓練加算Ⅰに該当し、ご高齢者の脳の活性化や認知症の予防だけでなく、運動機能を高める効果が期待できると考えられます。
 
 
指体操はすべての方がいつでもどこでも気軽に楽しめ、椅子に座って安全に体操ができるのもその魅力の1つです。

【関連記事】

高齢者のための指体操|椅子に座って脳の活性化をしよう!

認知症予防を目指した機能訓練メニューをもっと詳しく知りたい方はこちらの記事がお勧めです。

誤嚥予防を目指した機能訓練メニュー

 
個別機能訓練メニュー

高齢者の介護予防として取り組みたい誤嚥予防を目的とした個別機能訓練メニューをご紹介します。
 
 
この訓練では、「あ・い・う・え・お」と大きく口や顎、唇、舌を動かし、発声することで誤嚥予防や表情が乏しい方の表情筋トレーニングとして効果が期待できます。また、大きな声を出すことで腹圧が高まり、誤嚥しかけた時に「咳き込む力」を発揮することができます。

厚生労働省によると、日本における死亡原因は、1位「悪性新生物」、2位「心疾患」、3位「肺炎」と報告しています。この肺炎が原因で亡くなる高齢者のうち、最も多いのが「誤嚥性肺炎」です。そのため、高齢者の健康維持や介護予防を担う介護事業所では、機能訓練メニューとして誤嚥予防を行うことも重要です。

 

高齢者においては、加齢によって舌や唇、頬の筋力が衰え、飲み込む力も弱くなっていきます。そのため、誤嚥予防を目的とした個別機能訓練メニューで、舌や唇、頬などの筋肉を鍛え、高齢者が食べ物を咀嚼(そしゃく)して飲み込む機能を維持しておきましょう。

【関連記事】

高齢者向け|口腔体操をしてリハビリの効果を最大化させよう!

誤嚥予防を目指した機能訓練メニューには他にも口腔体操や唾液腺マッサージなど様々な運動があります。もっと運動方法を知りたい方はこちらをご覧ください。

立ち上がり動作の獲得を目指した機能訓練メニュー

個別機能訓練メニュー


続いて、ご高齢者の日常生活動作の中もよく課題や目標として立案されることの多い「立ち上がり動作」の獲得を目指した個別機能訓練メニューをご紹介します。


立ち上がり動作は、筋肉量が低下する高齢者だけでなく、片麻痺や人工膝関節、人工股関節の手術をされた方でも日常生活の中で動作のしづらさを感じる部分です。正しい動作での運動方法を指導できるようにしていきましょう。
 

食事動作の獲得を目指した機能訓練メニュー

個別機能訓練メニュー

ここからは事例を通して個別機能訓練メニューをご紹介していきたいと思います。

まずは、食事の中でも「箸を使って食事ができるようになりたい」という希望があった場合の個別機能訓練Ⅱの機能訓練メニューをご紹介します。
 

食事は、自力で摂る事ができるという喜びや楽しみだけでなく、家族や親しい友人と生活を共有する場としてしても重要であり、生活の満足感に大きく影響します。そのため本人の希望に沿った訓練ができるように運動の幅を増やしておきましょう。
 

こちらの機能訓練メニューは、セラプラストと箸を使用して挟む・切る・掴む動作を複合的に行います。箸の訓練の場合は、セラプラスト以外にも食べ物を想定したビー玉やおはじき、スポンジなどを準備することもお勧めです。

 
プログラムの手引き
箸の機能は、食べ物を摘む、切る、挟む、刺すなど多岐にわたり、円滑な操作を行うためには高度な巧緻性が必要となります。そのため箸の操作を「刺す〉挟む〉切る〉掴む」の順番で段階的に取り組んでいきましょう。

【関連記事】

個別機能訓練加算Ⅱの実践プログラム | 食事動作の獲得を目指して

食事動作の獲得を目指した個別機能訓練加算Ⅱのプログラムについては以下の記事で詳しく紹介しています。興味がある方はぜひご覧ください。

カラオケの獲得を目指した機能訓練メニュー

 
個別機能訓練メニュー個別機能訓練メニュー

ご高齢者にとって趣味や余暇活動として楽しみでもある「カラオケ」の個別機能訓練メニューをご紹介します。


個別機能訓練加算Ⅱは、「トイレ」や「着替え」ができるようになるなどの日常生活と関連する活動だけではありません。趣味や余暇活動、仕事などのキャリア、地域社会との関わりなども個別機能訓練加算Ⅱに該当します。そこで取り組むのがご高齢者の趣味や余暇として馴染みのある「カラオケ」です。こちらの個別機能訓練メニューは、大きな声で歌えることを目標にした「腹筋エクササイズ」「発声トレーニング」の2種類です。


【腹筋エクササイズの手引き】
お腹を意識して腹式呼吸を行うことで、腹横筋や横隔膜という筋肉が主に刺激されます。この筋肉が活性化すると肺が膨らみやすくなり、肺活量と一回換気量(一回あたりの息を吸う量)の増加し、声量アップの効果が期待できます

【発声トレーニングの手引き】

口を大きく動かすことを意識し「あいうえお」と発声することで全ての言語に必要な母音を鍛え、発音が明瞭になる効果が期待できます。また、発生の持続時間にも課題がある場合は、それぞれ10秒ずつ発声を続けるようにすると良い。


ご高齢者がカラオケに取り組みことで「1.口腔機能を高める」「2.正しい姿勢を保つ」「3.心肺機能を高める」「4.脳の活性化」「5.社会的なコミュニケーションの獲得」「6.生活の質(QOL)の向上・生きがいづくり」などの効果も期待できます。ぜひ取り組んでみてください。

【関連記事】

個別機能訓練加算Ⅱの実践プログラム【カラオケ編】

カラオケを個別機能訓練加算Ⅱとして取り組む方法を以下の記事で詳しく紹介しています。興味がある方はぜひご覧ください。

まとめ

今回は、デイサービスに通っているご高齢者に提供する機能訓練メニューについて、「様々な道具を活用した訓練プログラム」「認知症予防・誤嚥予防などの目的に合わせたメニュー」「身体機能・生活機能の維持・改善を目的とした個別機能訓練加算Ⅰ・Ⅱのメニュー」など機能訓練プログラムをまとめてご紹介しました。

 

機能訓練サービスは、ご高齢者が住み慣れた地域や自宅で生活が送り続けれるようにデイサービスで提供する大切なサービスの1つであり、近年では、介護報酬改定では高齢者の自立支援につながる機能訓練を提供している事業所を積極的に評価していくインセンティブ制度(通所介護のADL維持等加算とは)もあります。

 

今回の記事を参考に、ご高齢者の自立支援を応援するサービスの提供と安定した通所介護事業所の経営をしていくために必要な条件となりつつある機能訓練を皆さんのデイサービスでも積極的に取り組んでいただければ幸いです。

簡単・安心の個別機能訓練加算ソフト「リハプラン」 簡単・安心の個別機能訓練加算ソフト「リハプラン」

著者プロフィール

author

大屋 祐貴

リハビリ専門職(作業療法士)として、回復期リハビリテーション病院や救急病院、訪問リハビリに勤務し、医療・介護現場の幅広い分野を経験。現場のリハビリテーションを技術を高めるため研修会を立ち上げ、これまでに100名規模の研修会も開催された。現在は、「職種を越えたリハビリ介護を実現する」をテーマに、リハプランの専属ブロガーとして活躍中。作業療法士の専門性を活かして、介護事業所で算定できる加算・減算の中でも「個別機能訓練加算」について算定要件や計画書の書き方、機能訓練プログラムについて執筆している。

〜筆者の想い〜
通所介護事業所(デイサービス)の約8割は、リハビリ専門職(理学療法士、作業療法士、言語聴覚士)が不在のため、看護師や柔道整復師、あん摩マッサージ指圧師が機能訓練を実施しているのが現状です。機能訓練指導員が、高齢者にあった最適な運動を提供するために必要なノウハウをわかりやすく解説します。

デイサービスメソッドを無料プレゼント!

デイサービスメソッドは、リハプランで扱っているデイサービスのノウハウを体系的にまとめたもので、ご利用者を元気にするためのメソッドです。 7章構成となっており、介護士やリハビリ担当者がすぐに現場で使えるハウツーに加えて、マニュアルやリスク管理、営業等、デイサービスの管理運営に役立つコンテンツも入っています。