個別機能訓練加算Ⅰの算定要件から訓練内容まで学べるC子さんの事例

個別機能訓練加算Ⅰとは、デイサービスに通うご利用者様の身体機能の向上を目的とした訓練を実施した場合に算定できる加算です。個別機能訓練加算Ⅰでは、本人が主体的に選択できるよう、複数の運動プログラムを提供することが義務づけられています。しかしながら、様々な運動方法がある中でご利用者様に適切な運動を複数作るのは大変な作業ではないでしょうか?そこで、今回は個別機能訓練加算Ⅰの算定要件から訓練内容までC子さんという事例を通じてまとめてご紹介します。

個別機能訓練加算Ⅰとは

個別機能訓練加算とは

個別機能訓練加算とは、通所介護事業所(デイサービス)において看護職員、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、柔道整復師、あん摩マッサージ指圧師(以下、機能訓練指導員)が、個別機能訓練計画書を作成し、ご利用者様の身体状況に適した訓練を提供した場合に算定することができる加算です。

個別機能訓練加算では、機能訓練指導員、看護職員、介護職員、生活相談員等が共同して、目標、プログラムの立案、実施時間、実施者などを個別機能訓練計画書に記載していきます。もちろん、ご使用者本人からの情報収集やケアマネから頂いたケアプランに則り計画書は作成します。
 

関連記事

個別機能訓練加算とは?

個別機能訓練加算Ⅰ・Ⅱの算定要件や実践プログラムについて、詳しく知りたい方はこちらの記事がオススメです。

個別機能訓練加算Ⅰの算定要件

個別機能訓練加算Ⅰの算定要件は、ご利用者様の「身体機能の維持・向上」を目的として機能訓練を実施した場合に、1日につき「46単位」を算定することができます。

この加算では、機能訓練指導員が中心となり、介護職員、生活相談員など複数の職種と共同して個別機能訓練計画書を作成すれば、実施者が介護職員でも算定できます。

 

個別機能訓練加算Ⅰを算定要件としてはは、次の基準にすべてに適合することが条件です。

(1)「常勤専従」の理学療法士等を1名以上配置していること

(2)利用者の自立の支援、日常生活の充実を目的とした機能訓練の項目を「複数」計画し、利用者の心身状況に応じた訓練を実施していること

(3)機能訓練指導員、看護職員、介護職員、生活相談員、その他の職種の者が共同し、機能訓練計画書を作成、実施していること

(4)3ヶ月に1回以上、利用者やその家族の居宅を訪問した上で、その内容を説明し、見直しを行っていること

個別機能訓練加算Ⅱの算定要件

個別機能訓練加算Ⅱの算定要件は、心身機能への働きかけだけでなく、「ADL」「IADL」「趣味」「社会参加」を目的とした応用訓練を実施した場合に、1日につき「56単位」を算定することができます。

この加算では、同じ生活目標を持つ方であれば「5名程度以下」の小集団として訓練を行っても算定できます。

個別機能訓練加算Ⅱの算定要件は、次の基準にすべてに適合することが条件です。

(1)「専従」の理学療法士等を「1名」以上配置していること

※但し、非常勤の機能訓練指導員の配置でも算定可。雇用契約等をクリアすれば同法人内で出向や派遣での対応も可。なお看護職員が当該加算に係る機能訓練指導員の職務に従事する場合は、当該職務の時間帯は看護職員としての人員基準の算定に含めないこと。

(2)利用者の生活機能の維持・向上し、「利用者ごと」の心身の状況を重視した個別機能訓練計画を作成していること

※残存する身体機能を活用して生活機能の維持・向上を図り、ご利用者様が住み慣れた環境で可能な限り自立して暮らしが続けれることを目的とする。

(3)個別機能訓練計画に基づき、理学療法士等が利用者の心身の状況に応じた機能訓練を実施していること

(4)3ヶ月に1回以上、利用者やその家族の居宅を訪問した上で、その内容を説明し、見直しを行っていること


▼個別機能訓練加算ⅠとⅡの違いがよくわからない方はいませんか?違いについては以下の記事で詳しくご紹介しています。参考までにぜひ。

関連記事

個別機能訓練加算ⅠとⅡの違いとは?7つのポイントをご紹介

個別機能訓練加算Ⅰと個別機能訓練加算Ⅱの違いを7つのポイントを踏まえて分かりやすくまとめました。個別機能訓練加算の基礎知識として、その違いを理解していきましょう。

個別機能訓練加算Ⅰの算定手順

個別機能訓練加算Ⅰを算定するためには、算定要件がクリアしているか確認した上で、各市区町村に届出を申請します。

さらに、サービス利用者の居宅を訪問し、本人やその家族に情報収集を行なった上で個別機能訓練計画書を作成していきます。この計画書は、本人と家族への説明・同意書としても活用されます。

個別機能訓練加算Ⅰの算定までの流れ

1 個別機能訓練加算の算定要件を確認する
2 届出に必要な書類の準備
3 利用者様の居宅への訪問(担当者会議)
4 個別機能訓練計画書の作成
5 本人・ご家族へ説明・同意
6 個別機能訓練の実施
7 モニタリング・評価の実施
8 実施記録を記載・保管する

▼初めて個別機能訓練加算Ⅰを算定していく方はこちらの記事をオススメします。

関連記事

個別機能訓練加算の算定までの手順|8つのステップをご紹介

これから初めて個別機能訓練加算を算定しようとお考えの方に個別機能訓練加算の算定までの手順をまとめてご紹介します。

個別機能訓練加算Ⅰの訓練内容とは

個別機能訓練加算Ⅰでは、身体機能への働きかけを中心に、ご利用者様が主体的に「選択できる複数のグループ活動」を用意しなければなりません。

 

様々な障害を持ったご高齢者様に複数の機能訓練を準備するのは一苦労ではないでしょうか?そこで、個別機能訓練加算Ⅰの機能訓練メニューをご紹介します。

 

個別機能訓練加算Ⅰの機能訓練メニュー

個別機能訓練加算Ⅰの機能訓練メニューは、主に「身体機能に直接的に働きかけるプログラム」や「疾患・疾病の維持と予防を行うプログラム」があります。





身体機能に対するプログラム】

1)筋力トレーニング

2)ストレッチ(関節可動域)

3)協調性訓練

4)バランス訓練など



疾病・疾患予防に対するプログラム】

1)咀嚼・嚥下訓練

2)呼吸訓練

3)パーキンソン体操

4)関節症予防など

 

▼介護現場の機能訓練メニューについてはこちらの記事で多くご紹介しています。個別機能訓練メニューを詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

関連記事

初心者でもわかる個別機能訓練メニュー|個別機能訓練加算ⅠとⅡ

個別機能訓練加算Ⅰと個別機能訓練加算Ⅱの違いや機能訓練メニューをできるだけ多くご紹介します。

個別機能訓練加算Ⅰの計画書の作成方法とは

では、個別機能訓練加算Ⅰを算定する場合に必要な「個別機能訓練計画書」の作成方法をご紹介します。個別機能訓練加算の計画書で必須とされている項目は「長期目標」「短期目標」「プログラム内容・実施時間・担当者名・留意点・頻度」です。
まずはケアプランや本人の希望・要望を聴取した上で長期目標を立案していきましょう。

個別機能訓練加算Ⅰの事例

ここで、個別機能訓練加算Ⅰの計画書の記載例としてCさんの事例をご紹介します。

【事例】
C子さん(86歳)女性。19XX年に左の膝に痛みが出現。20XX年に人工膝関節置換術の手術を受けリハビリにも熱心に取り組んだおかげで杖を使って歩けるようになり、自宅に退院することができました。しかしながら、自宅では運動をする習慣がなく、生活もベッドかリビングが主になっていました。そこで、娘さんがケアマネに相談。デイサービスに通うことになりました。

【ご家族・本人の希望】
ご家族:外に出る機会を作って欲しい。少しでも運動習慣をつけて欲しい。
ご本人:体重が増えてきて膝の違和感が増えてきた。これ以上太りたくない。


このC子さんに、どのような個別機能訓練計画書を書けば良いのでしょうか?
 

個別機能訓練加算Ⅰの計画書の見本

長期目標
運動習慣をつけて膝関節の痛みを予防する


短期目標
1. 屋外に行けるようになる

2. 集団体操に参加できるようになる


プログラム内容

1. 約50mの屋外歩行訓練
を行う

2. 関節痛予防のために椅子に座ってできるストレッチ体操
を行う


このように運動習慣がないC子さんには、個別機能訓練加算Ⅰとして、簡単に取り組める「ストレッチ体操」や「屋外の散歩」から始めることをご提案しました。


▼個別機能訓練加算の計画書作成に関しては、厚生労働省より「個別機能訓練計画書」が発行されています。詳しくはこちらをご覧ください。

厚生労働省老健局振興課長「通所介護及び短期入所生活介護における個別機能訓練加算に関する 事務処理手順例及び様式例の提示について」

個別機能訓練加算Ⅰとしてなぜストレッチ体操が重要性とは

C子さんの個別機能訓練加算Ⅰ機能訓練プログラムとして提案した「ストレッチ体操」には、どのような効果があるのでしょうか?


ご高齢者に限ったことではないですが、運動習慣のない方においては、急に運動を提案しても抵抗があります。まずは、簡単に取り組める「ストレッチ」から体を動かす習慣をつけていきましょう!

C子さんは手術前と比べて自宅での運動量が少なくなったり、運動習慣も乏しくなっています。筋肉を動かす機会が減ることで血行の循環が悪くなったり、筋肉自体が凝り固まってしまうこともあります。

ストレッチ体操は、廃用症候群(はいよう)を予防する効果も期待できます。廃用症候群は、本来使えるはずの体を使わないことによってどんどん体が弱くなってしまい、場合によっては寝たきりになることもあります。

個別機能訓練加算Ⅰのプログラムとして、「ストレッチ体操」を提案して、筋肉の萎縮を予防して行きましょう。毎日続けることで、生活習慣病の予防やメタボ、ロコモ、フレイル、サルコペニアの予防にも効果が期待できます!

▼ストレッチ体操に関して別記事でもご紹介しています。興味がある方はこちらをチェック!

関連記事

デイサービス体操|高齢者におすすめのストレッチとは

個別機能訓練加算Ⅰの機能訓練メニューとして活用できる体幹・太もものストレッチ体操をご紹介します。

個別機能訓練加算Ⅰの訓練メニュー|胸・肩のストレッチ

 
 
[画面タップで詳細表示]

ここからは、C子さんの個別機能訓練加算Ⅰのメニューとして「ストレッチ体操」をご紹介していきます。



C子さんの場合、杖を使用していることもあり「椅子に座ってできる安全な体操」をご提案します。

まずこちらの運動は、肩や胸の柔軟性を高めることで上半身を動かしやすくしていきます。自宅で座った姿勢が長くなると姿勢が曲がってしまい円背になりやすくなります。
胸や肩の柔軟性を高めることで着替えや体を洗う、頭を洗うなどの動きをスムーズにすることができます。



【運動のポイント】

① まずはゆっくりと行いましょう。

② 可能な範囲で腕を降ろし、胸を広げます。

※

ただし、肩関節周囲炎やインピンジメント症候群などの整形疾患の有無に十分注意しましょう。

個別機能訓練加算Ⅰの訓練メニュー|背中のストレッチ

 
 

[画面タップで詳細表示]



次に、個別機能訓練加算Ⅰのメニューとして、肩や肩甲骨を中心としたストレッチをご紹介します。

こちらの運動も背中や肩甲骨の柔軟性を高めることで姿勢を改善することができます。声を出しながら行うと、発声トレーニングの効果も期待できます。


【運動のポイント】

① 痛みに応じてゆっくり行います

② 可能な方は範囲を広げます

③ 肩をすくめたり、背中を丸めたり等の代償動作が入らないように注意します



※こちらでも肩関節や上肢帯の整形疾患などの既往歴がある場合、肩関節周囲炎やインピンジメント症候群などにも十分注意し、利用者の運動能力に合わせて行いましょう。

個別機能訓練加算Ⅰの訓練メニュー|腕のエクササイズ

 
 

[画面タップで詳細表示]

次に個別機能訓練加算Ⅰのメニューとして前腕のエクササイズをご紹介します。


こちらの運動では、手首を内側・外側にリズムよく動かします。
腕の動きは食事や整容、着替えなどの様々な日常生活動作に関係します。こちらも合わせて動かしていきましょう。

【運動のポイント】
手首の動きを徐々にスピードアップしたり、足踏み運動などの別の運動を同時に行うことで脳機能の賦活にも効果が期待できます。

個別機能訓練加算Ⅰの訓練メニュー|肩のストレッチ

 

[画面タップで詳細表示]



次の訓練メニューは、肩甲骨や肩の柔軟性を高めるストレッチです。



肩の局所的なストレッチというよりも肩の全体をストレッチしていくことができるので運動初心者に導入しやすいエクササイズです。腕ではなく肩を回すように意識しましょう。

【運動のポイント】
大きな円を描くように動かしていきましょう。

個別機能訓練加算Ⅰの訓練メニュー|腰のストレッチ

[画面タップで詳細表示]



こちらの個別機能訓練加算Ⅰのメニューは、体幹の要となる、腰や腹筋群のストレッチです。


体幹筋の強化はバランス能力はもちろん、姿勢を保持する力や歩行の安定性、心肺機能の維持・向上に重要な要素となります。しっかりと伸ばしていきましょう。


【運動の注意点】

体幹の捻りは腰に負担がかかるのでご利用者様の既往歴を確認し、導入しましょう。

個別機能訓練加算Ⅰの訓練メニュー|太もものストレッチ

 

[画面タップで詳細表示]

こちらの運動は、ハムストリングスといわれる膝裏の柔軟性と内ももの柔軟性を高めるストレッチです。

椅子に座った姿勢が長くなるとこのハムストリングスの柔軟性が低下しやすくなります。また、変形性膝関節症の手術をされたC子さんの場合は、このハムストリングスが硬くなってしまいます。
ハムストリングスの柔軟性が低下すると骨盤の動きが悪くなったり腰痛も引き起こす可能性が高くなります。腰痛予防のためにも念入りにストレッチしていきましょう。

【運動のポイント】
できる限り膝を伸ばしましょう。

まとめ

今回は、個別機能訓練加算Ⅰの算定要件機能訓練メニューとして「座ってできるストレッチ体操」をご紹介しました。

個別機能訓練加算には、その他人も日常生活や家事活動、趣味活動、社会参加の促しを目的にした「個別機能訓練加算Ⅱ」もあります。日常生活動作を目的にすることでプログラムの立案に悩む方も多いのではないでしょうか?

そこで、個別機能訓練加算Ⅱの実践プログラムとして「食事動作の獲得」を目標とした記事をご紹介しておきます。

▼個別機能訓練加算Ⅱの実践プログラムを詳しく知りたい方はこちらの記事をチェックしてみてください。

関連記事

個別機能訓練加算Ⅱの実践プログラム | 食事動作編

個別機能訓練加算Ⅱの算定要件から実践プログラムまで解説します。

最後に筆者より

今回は、C子さんという架空の人物を想定し、書かせていただきました。

個別機能訓練加算はご高齢者の方々を元気にする加算ですので、運動がマンネリ化しないようにしていきたいものです。こちらの記事が個別機能機能訓練加算Ⅰの訓練メニューの参考になれば幸いです。

また、さまざまが病気や怪我を抱えているご高齢者に対して安全で適切な訓練メニューを考えるのは一苦労です。そこでそのような問題を解決すべく弊社では、「職種を超えたリハビリ介護を実現する」というミッションを掲げ、ITを活用して機能訓練メニュー作成するサービスを提案しております。是非、ご興味ありましたら気軽にご連絡ください。あなたの事業所のスタッフの皆様と利用者様にとってより良いサービスをご提案させていただきます。

【オススメツール】

デイサービスの業務を効率化しつつ、強みを強化するツール「リハプラン」のご紹介

《こんな事業所にオススメ》

個別機能訓練加算を算定したい!

自立支援を強化して他社と差別化したい!

業務効率化をして労働生産性を高めたい!

モニタリングを活用して営業力を強化してみたい!

著者プロフィール

author

大屋 祐貴

リハビリ専門職(作業療法士)として、回復期リハビリテーション病院や救急病院、訪問リハビリに勤務し、医療・介護現場の幅広い分野を経験。現場のリハビリテーションを技術を高めるため研修会を立ち上げ、これまでに100名規模の研修会も開催された。現在は、「職種を越えたリハビリ介護を実現する」をテーマに、リハプランの専属ブロガーとして活躍中。作業療法士の専門性を活かして、介護事業所で算定できる加算・減算の中でも「個別機能訓練加算」について算定要件や計画書の書き方、機能訓練プログラムについて執筆している。

〜筆者の想い〜
通所介護事業所(デイサービス)の約8割は、リハビリ専門職(理学療法士、作業療法士、言語聴覚士)が不在のため、看護師や柔道整復師、あん摩マッサージ指圧師が機能訓練を実施しているのが現状です。機能訓練指導員が、高齢者にあった最適な運動を提供するために必要なノウハウをわかりやすく解説します。

CONTACT

リハプランについて、なんでもご相談ください。

必須問い合わせ項目
必須会社名・所属団体名
必須お名前
必須フリガナ
必須電話番号
必須メールアドレス
任意自由記入欄