介護支援専門員の呼び方は、ケアマネジャーとケアマネージャー、どっちが正しい?

「ケアマネジャー」や「ケアマネージャー」どちらが正しいか知っていますか?介護支援専門員が正式名称ですが、一般的には話し言葉では「ケアマネージャー」と言われます。しかし、厚生労働省では『ケアマネジャー』を入れない表記になっています。一般的な認識としては「ケアマネージャー」だと思っている人の方が圧倒的に多いです。

簡単・安心の個別機能訓練加算ソフト「リハプラン」

介護支援専門員(ケアマネジャー)の呼び方について

介護支援専門員のことを「ケアマネジャー」や「ケアマネージャー」と呼びますが、どっちが正しいのかと話題になり、調べてみました。

介護支援専門員協会の窓口でお聞きしたところ、以下のようにお話ししてくださいました。

介護支援専門員協会としては、「介護支援専門員」という日本語の正式名称を使うようにしているが、カタカナで表記する場合には厚生労働省が発表する文章等に従い、基本的には「ケアマネジャー」を採用しているケースが多い

お忙しい中、丁寧に考えてお答えいただき、この場を持ってお礼申し上げます。

 

ケアマネジャーとケアマネージャー、厚生労働省の表記はどっち

厚生労働省に直接はお聞きしていませんが、厚生労働省から発行されている文書はほぼ全て「ケアマネジャー」を採用しています。厚生労働省の文章では、「介護支援専門員(ケアマネジャー)」というカッコ書きをしていることが多いです。

 

managerの英語の発音とケアマネジャー

英語だと、manager(発音:manijər)→「マネジャー」もしくは「マニジャー」に近い発音なことと、厚生労働省に合わせる形でカタカナ表記の場合には「ケアマネジャー」にした方が無難かもしれません。日本では、部活のマネージャーや、

 

ケアマネージャー?ケアマネージャー? ネットの検索数は?

インターネットでどのようなキーワードで1月に何回くらい検索されているかを調べてみると、以下のような結果になりました。ケアマネジャーのことを調べるために、検索窓にケアマネージャーと入力している人が大半です。

ケアマネジャー(伸ばし棒無し)と検索された数

Yahoo! JAPAN   7,261回     Google   5,940回

ケアマネージャー(伸ばし棒有り)と検索された数

Yahoo! JAPAN 54,451回  Google 44,550回

一般的な認識としては「ケアマネージャー」だと思っている人の方が圧倒的に多く、「ケアマネジャー」と理解して打ち込んでいる人は6人に1人くらいということがわかります。

 

ケアマネージャーとケアマネージャーの違いとは

ケアマネジャーとケアマネージャーは、介護支援専門員の通称の呼び方であり、managerを日本語的に発音するか、本場の発音にするかという違いです。

しかし、文字で記載するときには、伸ばし棒があるかで読み方にも印象にも違いがあるため注意したいですね。

 

ケアマネージャーとケアマネジャー、正しい表記はどちらか

さて、ケアマネージャーとケアマネジャーの違いについていろいろご紹介してきましたがいかがでしたか?

最後にまとめますと、ケアマネージャーとケアマネジャー、どちらも正しく間違いではないと思います。どちらかと言えば、厚生労働省などの文書に従い「ケアマネジャー」という「ネ」を伸ばさない方を採用した方がいいのかもしれません。

※このサイト内では、馴染みの深い「ケアマネージャー」をあえて採用します。

 

ケアマネージャーについての関連記事

ケアマネージャーとは? 介護支援専門員の仕事内容と役割を知ろう

ケアマネージャーになるには?受験資格から試験内容をご紹介

簡単・安心の個別機能訓練加算ソフト「リハプラン」 簡単・安心の個別機能訓練加算ソフト「リハプラン」

著者プロフィール

author

リハビリ専門職(作業療法士)として、回復期リハビリテーション病院や救急病院、訪問リハビリに勤務し、医療・介護現場の幅広い分野を経験。現場のリハビリテーションを技術を高めるため研修会を立ち上げ、これまでに100名規模の研修会も開催された。現在は、「職種を越えたリハビリ介護を実現する」をテーマに、リハプランの専属ブロガーとして活躍中。作業療法士の専門性を活かして、介護事業所で算定できる加算・減算の中でも「個別機能訓練加算」について算定要件や計画書の書き方、機能訓練プログラムについて執筆している。

〜筆者の想い〜
通所介護事業所(デイサービス)の約8割は、リハビリ専門職(理学療法士、作業療法士、言語聴覚士)が不在のため、看護師や柔道整復師、あん摩マッサージ指圧師が機能訓練を実施しているのが現状です。機能訓練指導員が、高齢者にあった最適な運動を提供するために必要なノウハウをわかりやすく解説します。

デイサービスメソッドを無料プレゼント!

デイサービスメソッドは、リハプランで扱っているデイサービスのノウハウを体系的にまとめたもので、ご利用者を元気にするためのメソッドです。 7章構成となっており、介護士やリハビリ担当者がすぐに現場で使えるハウツーに加えて、マニュアルやリスク管理、営業等、デイサービスの管理運営に役立つコンテンツも入っています。