2019年02月13日更新

介護福祉士

簡単・安心の個別機能訓練加算ソフト「リハプラン」

介護福祉士とは

介護福祉士は、今から約30年前にできた資格であり、名称独占の国家資格となります。介護福祉士は国家資格であり、介護のプロフェッショナルです。

身体や精神に障害がある方などに対して、その状態に応じた介護を行い、必要に応じてご家族にアドバイスを行う仕事です。介護のプロなので、医療行為を行うことはできません(場合によっては医師の指示の下可)。

今後、超高齢社会が待ち受ける日本にとって介護福祉士の仕事の需要は益々高くなっていきますが、介護従事者の給料が安いという問題点から、需要と供給のバランスが悪くなっていることが課題とも言えます。

 

介護福祉士になるには

介護福祉士になるには、介護福祉の養成校を卒業して国家試験に合格すること以外に、同等レベルの能力を有するという観点から、6ヶ月以上、450時間以上の研修が義務付けられています。しかし、以下の資格者は時間短縮が認められています。

・ホームヘルパー3級:420時間
・ホームヘルパー2級:320時間
・ホームへルパー1級:95時間
・介護職員基礎研修取得者:50時間

 

【関連記事】

簡単・安心の個別機能訓練加算ソフト「リハプラン」 簡単・安心の個別機能訓練加算ソフト「リハプラン」