2020年12月04日更新

運動器機能向上加算と個別機能訓練加算の違いについてご紹介

運動器機能向上加算とは、要支援者・総合事業対象者を対象とした介護予防通所型サービスを提供する事業所が算定できる加算です。今回は、運動器機能向上加算と個別機能訓練加算の違いについて、単位数や算定要件などまとめてご紹介します。



運動器機能向上加算とは

高齢者の運動

運動器機能向上加算とは、要支援者・事業対象者を対象とした介護予防サービスを提供した事業所が算定できる加算のこと。高齢者が住み慣れた地域で日常生活を維持・改善することを目的として、必要なプログラムを提供しご自身による改善方法の習得や運動方法の定着を目標としています。

 

■運動器機能向上加算を算定できる介護事業所

・介護予防通所リハビリテーション

介護予防通所介護事業所

総合事業 第1号通所事業・介護予防通所型サービス(現行相当サービス) (緩和した基準のサービスの場合は自治体に確認)

 

■運動器機能向上加算を算定できる対象者

・要支援1または要支援2を受給している方

・事業対象者に該当した方

 

個別機能訓練加算とは

個別機能訓練加算とは、デイサービスなどの介護事業所において定められた算定要件を満たし、高齢者に合わせた機能訓練(リハビリ)を行った場合に算定される介護サービスの加算のこと。高齢者が住み慣れた地域でいつまでも元気で生き生きとした在宅生活が送れるように、身体機能や生活能力の維持または向上を目指します。

■個別機能訓練加算を算定できる介護事業所

・通所介護(デイサービス)

・短期入所生活介護(ショートステイ)

・特別養護老人ホーム(特養、介護老人福祉施設)

・特定施設入居者生活介護(特定施設)

 

■個別機能訓練加算を算定できる対象者

・要介護1〜要介護5を受給している方

 

ちなみに、デイサービスの個別機能訓練加算は、個別機能訓練加算I個別機能訓練加算Ⅱの2種類があります。

 

運動器機能向上加算と個別機能訓練加算の違いについて

ここからは、運動器機能向上加算と個別機能訓練加算の定義の違いについて「対象者の違い」「対象介護サービスの違い」「単位数の違い」それぞれご紹介していきます。

運動器機能向上加算と個別機能訓練加算の「対象者」の違い

運動器機能向上加算は「要支援者・事業対象者」、個別機能訓練加算は「要介護者」を対象とした加算となります。

対象者の違い

加算

対象者

運動器機能向上加算

要支援1・要支援2・事業対象者

個別機能訓練加算

要介護1〜要介護5

 

運動器機能向上加算と個別機能訓練加算の「対象介護サービス」の違い

対象介護サービスの違い

加算

介護サービス

運動器機能向上加算

介護予防通所リハビリテーション

介護予防通所介護

総合事業 第1号通所事業・介護予防通所型サービス

個別機能訓練加算

通所介護(デイサービス)

特定施設入居者生活介護(特定施設)

特別養護老人ホーム(特養)

短期入所生活介護(ショートステイ)

 

運動器機能向上加算と個別機能訓練加算の「単位数」の違い

運動器機能向上加算と個別機能訓練加算は、それぞれ算定した場合の単位数(報酬額)が異なります。

単位の違い

加算

単位数

運動器機能向上加算

225単位/月

個別機能訓練加算(デイサービス)

加算Ⅰ:46単位/日

加算Ⅱ:56単位/日

 

リハプラン」を使えば、運動器機能向上加算、個別訓練加算Ⅰ・Ⅱの計画書の作成が簡単に! リハビリ専門職のいない事業所や、加算に関する業務が初めての事業所からも選ばれています。

まとめ

運動器機能向上加算と個別機能訓練加算の違いはご理解いただけましたか。

これまで介護予防サービスとして提供してきた「要支援1」「要支援2」の方は、2017年の4月から「介護予防・日常生活支援総合事業」として市区町村に管轄が移行されました。現状では、元々のスタッフの人員不足や報酬の単価が安くなったことによる厳しい経営状況から総合事業から撤退する事業所が増えているようです。

国の推進する各市区町村での「介護予防・日常生活支援総合事業」と運営者の意見は、まだまだ乖離がある状態ですが、介護予防(運動器機能向上加算)は地域のご高齢者にとって重要なサービスであることは間違いありません。

ぜひ皆さんの介護事業所でも取り組んでいただけたら幸いです。
 

個別機能訓練計画書作成のポイントを無料配布中

2021年度の介護報酬改定に対応した個別機能訓練計画書作成のポイントを無料でダウンロードいただけます。

無料相談・デモ体験も受付中!

こんな方におすすめ!

・初めて算定するので個別機能訓練加算について詳しくしりたい

・さまざまなデイサービスの成功事例を知りたい

・リハプランの実際の画面を見てみたい

著者プロフィール

author

大屋 祐貴

リハビリ専門職(作業療法士)として、回復期リハビリテーション病院や救急病院、訪問リハビリに勤務し、医療・介護現場の幅広い分野を経験。現場のリハビリテーションを技術を高めるため研修会を立ち上げ、これまでに100名規模の研修会も開催された。現在は、「職種を越えたリハビリ介護を実現する」をテーマに、リハプランの専属ブロガーとして活躍中。作業療法士の専門性を活かして、介護事業所で算定できる加算・減算の中でも「個別機能訓練加算」について算定要件や計画書の書き方、機能訓練プログラムについて執筆している。

〜筆者の想い〜
通所介護事業所(デイサービス)の約8割は、リハビリ専門職(理学療法士、作業療法士、言語聴覚士)が不在のため、看護師や柔道整復師、あん摩マッサージ指圧師が機能訓練を実施しているのが現状です。機能訓練指導員が、高齢者にあった最適な運動を提供するために必要なノウハウをわかりやすく解説します。

簡単・安心の個別機能訓練加算ソフト「リハプラン」

リハプラン導入事例

もっとみる