デイサービスにおける送迎の注意点についてご紹介!違反や事故に注意しよう!

2015年の半年間で介護施設の送迎車が関係している交通事故は「122件」と報告されています。他人事のように聞こえるあなたは要注意です!通所介護(デイサービス)や通所リハビリなどは、ご利用者様の送迎は必須であり、交通事故以外にも多くの注意点があります。そこで今回は、介護現場の送迎の注意点について詳しくご紹介します。

簡単・安心の個別機能訓練加算ソフト「リハプラン」

デイサービスの送迎をされる方へ

2015年の半年間の調査によると、介護施設の送迎車が関係している交通事故は「122件」であったと報告されています。デイサービス(通所介護)や通所リハビリなどの通所介護系サービスでは、ご利用者様の送迎のほどんどを職員で行っています。

皆様の介護事業所の送迎は大丈夫でしょうか?

送迎前のチェックポイント」「夕方の送迎の注意点」「夕方の送迎の注意点」をご紹介します。

デイサービスの「送迎前」のチェックポイント!

ではまず、デイサービス(通所介護)の送迎前のチェックポイントをご紹介します。

1. 昨晩、0時以降にお酒を飲んだ
2. 睡眠時間が6時間未満だ
3. 朝、喫煙をした
4. 服装を鏡で確認していない
5. 髪型を鏡で確認していない

※1つでも当てはまる方は要注意です!送迎のどのようなところに気をつけるべきなのか、以下の注意点を読んでください。

デイサービスの「朝の送迎」の注意点!

それでは、デイサービス(介護現場)の送迎の中でも「朝の送迎」の注意点についてご紹介します。

お酒の残りに注意する

お酒の分解は体重約60kgの成人男性の場合で、1合(約20g)あたり約3~4時間、2合で6~7時間、3合で9~10時間、4合で12~13時間ほどかかるとされています。
8時30前後に送迎がある場合は、「合計2合」程度のお酒を「夜0時」には止めることになります。ビクッとしたあなたは要注意です。

朝の混雑に注意して時間のゆとりを確保

朝は通勤ラッシュもあり、車が混雑しています。送迎の時間に間に合わず焦ってしまうことも多いので余裕をみて早めの出発を心がけましょう。

免許書を忘れないように注意する

仕事着に着替えると忘れてしまいがちなものに免許書があります。免許書を持参せずに運動することは絶対にあってはなりません。

携帯電話を忘れないように注意する

さらに忘れることが多いのは、携帯電話です。送迎はスタッフが1人のことも多いのでご利用者様の急変時など携帯電話は必需品です。

車内の掃除はされているか確認する

見過ごしがちなのは、送迎車の後部座席です。ご利用者様が直接座り目のつく後部座席は念入りに掃除しておきましょう。

髪型、服装に注意する

送迎はご利用者様だけでなく、ご家族や外部との関わりがあります。公用車は会社の看板を背負って走っているので、いつどこで誰がみているかわかりませんよ。

デイサービスの夕方行う「帰りの送迎」の注意点!

次に、デイサービス(介護現場)の送迎でも帰りに送り届ける「夕方の送迎」の注意点についてご紹介します。

自己管理して眠気に注意

昨晩の睡眠不足、日中の仕事の疲れが溜まった夕方の送迎では停車中に眠気も強くなりますので要注意です。

夕日の眩しさに注意する

夕方の送迎では、夕日が眩しく運転しづらくなります。特に冬場は夕暮れが送迎時間に重なることも多いのでサングラスなどを持参するようにしましょう。

夕暮れの視界の悪さに注意する

秋から冬にかけて夕暮れ時がはやく辺りが暗くなると視覚の認識が落ちます。

交通事故に注意する

交通事故綜合分析センターによると、16〜20時の死亡事故が増加していると報告されています。スピードを落として安全運転を心がけて下さい。

ご利用者様にも注意を払い、車や歩行者にも注意を払う送迎スタッフは危険が隣り合わせです。日頃から忙しい介護スタッフですので帰りの送迎で気を抜かないように注意してくださいね。

交通事故綜合分析センター 平成26年「交通統計」

デイサービスの送迎の豆知識|送迎中に切符は切られるのか?

ここで介護の送迎についての豆知識をご紹介します。

「デイサービスの送迎中(ご利用者様を自宅までの介助中)に切符を切られるのか」についてです。

送迎での切符を切られない方法の1つに「駐車許可申請書」の申請があります。

介護事業所で「駐車許可申請書」の申請が提出されているか確認しておくことも安心して送迎できるポイントの1つです。

※但し、通常の交通ルールの「交差点や横断歩道の5m手前の駐車は切符を切られますのでご注意下さい。

駐車許可書の申請(第45条第1項)とは

【内容】

駐車禁止場所のうち、署長が指定した日時、場所(無余地となる場合は除く)に駐車が可能になります。

【申請先】

駐車禁止場所を管轄する警察署の交通課交通総務係 に申請します。

【該当例】

冠婚葬祭や引越し、訪問看護、訪問介護等に使用中の車両が該当します。※公共交通機関の利用では申請は困難です。周辺に駐車場がない等やむを得ない理由により駐車しなければならない場合に限ります。

 

その他に、「駐車禁止除外(道路交通法第4条第2項)」などもありますが、こちらは救急車両や身体障害等で歩行が困難な方が申請する内容となっています。

神奈川県警察「駐車禁止除外・駐車許可申請手続きについて」

まとめ|介護現場では送迎もサービスの1つ

ここまで通所介護の送迎でのチェックポイントや注意点についてご紹介しました。

ここで改めて皆様に理解しておいていただきたいのは「通所介護の送迎もサービスの一貫」ということです!

 

そのためには、送迎中にご利用者様に楽しんで頂けるよう「音楽」や「会話のテーマ」を事前に検討しておくのも良いでしょう。

例えばこのような方法もありますので、参考にしてみてください。

(例)音楽をかける
ラジオの音楽番組のように、ご利用者様に事前に聞きたい曲を聞いて「ペンネーム◯◯様からいただきました。本日の曲は◯◯です」などとラジオをイメージして盛り上げる

(例)会話のテーマを決める
「今日の笑顔ポイント」など振り返りテーマを設けることで1日の振り返りの話をしてみてはいかがでしょうか。

通所介護の送迎中は、施設内よりも「家族」や「外部」との関わりが多くあります。

送迎中に家族に合った際は、一言でよいのでご利用者様の今日の出来事を添えてお伝えするとデイサービスでの様子がわかり非常に喜ばれ、安心されます。

 

【最後に筆者より】

通所介護での送迎は、ご利用者様にも注意を払い、車や歩行者にも注意を払う送迎スタッフは危険が隣り合わせです。今回の注意ポイントを参考にし、安全な送迎をしてくださいね。
明日も安全運転で、いってらっしゃいませ!

簡単・安心の個別機能訓練加算ソフト「リハプラン」 簡単・安心の個別機能訓練加算ソフト「リハプラン」

著者プロフィール

author

Rehab for JAPAN代表取締役社長。法政大学大学院(CSR専攻)卒業し、政策学修士を取得。作業療法士として、在宅介護(通所介護・訪問看護)や医療機関(救急)など現場経験をした後、株式会社Rehab for JAPANを創業した。主な書籍として『幸せな職場の作り方』ラグーナ出版、2014(共著)などがある。

~筆者の想い~
介護報酬マイナス改定や職員不足など介護経営は厳しい時代です。介護事業所を強くし、安定した介護経営をしていくためには業務効率化のためのIT導入や集客アップのための営業戦略、他社サービスとの差別化などが重要です。介護経営者様・管理者様向けに「介護経営のノウハウ」や「介護マネジメント」についてわかりやすく解説します。

デイサービスメソッドを無料プレゼント!

デイサービスメソッドは、リハプランで扱っているデイサービスのノウハウを体系的にまとめたもので、ご利用者を元気にするためのメソッドです。 7章構成となっており、介護士やリハビリ担当者がすぐに現場で使えるハウツーに加えて、マニュアルやリスク管理、営業等、デイサービスの管理運営に役立つコンテンツも入っています。

リハプランについての資料請求、ご質問など
なんでもご相談ください。

必須会社名・所属団体名
必須お名前
必須電話番号
任意メールアドレス
任意自由記入欄