マンネリ化防止!座って出来るリハビリ体操【自重編】

デイサービスや通所リハビリ施設、老健施設などに勤めるスタッフに必見です。リハビリ体操や運動方法を数多く提案するのは事前調査・資料作りは大変ですよね。そこで今回は、道具を使わず、座って出来るリハビリ体操をまとめました。

簡単・安心の個別機能訓練加算ソフト「リハプラン」

椅子に座ってできる簡単なリハビリ体操のご紹介

デイサービスや通所リハビリ施設では、毎日のように集団体操などの運動を指導する機会があります。

疾患や疾病が異なる方々に対して集団で体操を考えるのは一苦労ですよね。

そんな方に、今回はどこでも準備でき、安全性の高い椅子に座った運動方法をまとめてみましたので参考にしてみて下さい。

腕・肩・肩甲骨のストレッチでADL能力のアップを目指そう

まずは腕や肩、肩甲骨の上半身を主とした運動から行いましょう。
この運動では上肢帯の関節可動域の拡大により、ADL場面においても更衣動作、入浴動作などの上肢の操作性向上に期待できます。

【ポイント】
① まずはゆっくりと行いましょう。
② 可能な方は範囲を広げます。
③ 反対側も同様に行いましょう。

ただし、肩関節や上肢帯の整形疾患などの既往歴がある場合、肩関節周囲炎やインピンジメント症候群などにも十分注意し、利用者の運動能力に合わせて行いましょう。

腕・肩・肩甲骨周辺の筋力アップを目指そう

こちらの運動ではトレーニングはもちろんですが、ストレッチの要素も含まれてますので一石二鳥です。

① まずはゆっくりと行いましょう。
② 可能な方は範囲を広げます。

体幹筋をつけて、転倒予防を行おう

この運動では体幹の要となる、腹筋群や回旋筋群、脊柱起立筋などの背中のエクササイズを行っていきましょう。

体幹筋の強化は、バランス能力の他、歩行や姿勢保持の安定(円背や猫背の改善)、心肺機能の安定などの重要な要素となります。

ただし、上肢・下肢を含む複合的な動作もありますので、利用者の既往歴を確認し、導入の検討をしましょう。

下肢の筋力アップを目指そう

この運動では、下肢筋力の向上と可動域の維持・向上を目的に行います。

ご利用者様にとって高負荷の運動は、代償動作を誘発してしまう可能性があります。代償動作はトレーニングの効果を半減させ、場合によっては別の部位に疼痛を出現させる可能性がありますので注意が必要です。

こちらの運動であれば、負荷が少ないので代償動作も少なく運動できますよ。

いかがでしたか。今回は道具を使わず、座って出来るリハビリ体操をご紹介させて頂きました。

どこでも準備でき、安全性の高い椅子の運動ですので、日々の健康体操などに活用していただければ幸いです。

 

デイサービス・機能訓練指導員が活用できる「リハビリ体操・運動」関連の記事を一挙にまとめました。状況に合わせてうまく活用していただけたら嬉しく思います。記事が増えていけば随時更新していきます。

→→ 【完全保存版】デイサービス・機能訓練指導員が活用できる高齢者のためのリハビリ体操・運動まとめ|随時更新​

 

簡単・安心の個別機能訓練加算ソフト「リハプラン」 簡単・安心の個別機能訓練加算ソフト「リハプラン」

著者プロフィール

author

リハビリ専門職(作業療法士)として、回復期リハビリテーション病院や救急病院、訪問リハビリに勤務し、医療・介護現場の幅広い分野を経験。現場のリハビリテーションを技術を高めるため研修会を立ち上げ、これまでに100名規模の研修会も開催された。現在は、「職種を越えたリハビリ介護を実現する」をテーマに、リハプランの専属ブロガーとして活躍中。作業療法士の専門性を活かして、介護事業所で算定できる加算・減算の中でも「個別機能訓練加算」について算定要件や計画書の書き方、機能訓練プログラムについて執筆している。

〜筆者の想い〜
通所介護事業所(デイサービス)の約8割は、リハビリ専門職(理学療法士、作業療法士、言語聴覚士)が不在のため、看護師や柔道整復師、あん摩マッサージ指圧師が機能訓練を実施しているのが現状です。機能訓練指導員が、高齢者にあった最適な運動を提供するために必要なノウハウをわかりやすく解説します。

デイサービスメソッドを無料プレゼント!

デイサービスメソッドは、リハプランで扱っているデイサービスのノウハウを体系的にまとめたもので、ご利用者を元気にするためのメソッドです。 7章構成となっており、介護士やリハビリ担当者がすぐに現場で使えるハウツーに加えて、マニュアルやリスク管理、営業等、デイサービスの管理運営に役立つコンテンツも入っています。

リハプランについての資料請求、ご質問など
なんでもご相談ください。

必須会社名・所属団体名
必須お名前
必須電話番号
任意メールアドレス
任意自由記入欄