個別機能訓練加算・運動器機能向上加算ならリハプラン

2021年4月28日
機能改善

【個別機能訓練 Ⅰ 】全ての長期目標・短期目標が自動提案できるようになりました

いつもリハプランをご利用頂きありがとうございます。
このたび、リハプランは個別機能訓練加算(Ⅰ)の計画書作成において、必要な要件となる全ての目標を自動提案できるようになったことをお知らせします。

リリース日程

2021年4月28日からご利用いただけます。

改善内容

2021年介護報酬改定により必要となった個別機能訓練加算(Ⅰ)の要件(※)として参加・活動・機能の各構成要素に1つずつ、合わせて3つの長期目標及び短期目標を満たす必要がありますが、リハプランでは全ての目標を自動提案できるようになりました。
これにより、計画書作成にかかる業務時間の削減が期待できます。

(※)長期目標は、生活機能の構成要素である「心身機能」「活動」「参加」をバランスよく含めて設定することが求められる
(厚生労働省老健局「リハビリテーション・個別機能訓練、栄養管理及び口腔管理の実施に関する基本的な考え方並びに事務処理手順及び様式例の提示について」より)

個別機能訓練計画書 様式
(厚生労働省老健局 介護保険最新情報vol.936より)

リハプランでは、興味関心チェックシート・生活機能チェックシートへ評価を入力するだけで参加・活動・機能の各構成要素に1つずつ、合わせて3つの目標が長期目標・短期目標それぞれに自動提案されます。

リハプラン操作画面