2019年05月21日更新

フランチャイズ

簡単・安心の個別機能訓練加算ソフト「リハプラン」

フランチャイズとは

フランチャイズとは、親企業の本部(フランチャイザー)がもつ、商号・商標・看板やそのほか運営ノウハウなどを、加盟店(フランチャイジー)に使用許可や販売権を与え、加盟店は本部に対して加盟料やロイヤリティを支払うというビジネスモデルです。

フランチャイズの本部(フランチャイザー)の売上

フランチャイズの仕組みでは、大きく分けると「加盟料」「サポート・システム使用料」「ロイヤリティ」が本部(フランチャイザー)の売上になります。

フランチャイズの加盟料・サポート・システム使用料

フランチャイズの仕組みでは、フランチャイズに加盟した加盟店は、本部に対して初期費用と月額固定の加盟料を支払うケースが多いです。この加盟料には、本部からの仕入れ・販売・集客・採用・商品開発・運営支援などのサポートを受けることや、管理システムなどの使用料などを含むケースが多いです。

フランチャイズのロイヤリティ

フランチャイズ形式の特徴として、固定費の他に、売上や利益に応じて支払いをするロイヤリティを設定しているケースが多くあります。利益(売上高ー経費)などに対して10%〜50%くらいで比率を決めてロイヤリティの計算することが多いです。

その他にも上記のシステム使用料や採用などに応じてロイヤリティに上乗せして費用が発生するなど契約によって様々です。取り扱う商材や事業形態によっては

デイサービスのフランチャイズ

デイサービスなどの介護施設でもフランチャイズ形式の事業所はあります。

100店舗以上のフランチャイズ加盟店があるデイサービスもありますが、業界的には中小企業がそれぞれのブランドで単独もしくは数店舗程度の展開で事業を行なっている比率が高いです。

【関連記事】

簡単・安心の個別機能訓練加算ソフト「リハプラン」 簡単・安心の個別機能訓練加算ソフト「リハプラン」