地域密着型通所介護

簡単・安心の個別機能訓練加算ソフト「リハプラン」

地域密着型通所介護

地域密着型通所介護とは、平成28年4月より、利用定員が18名以下の小規模デイサービスのことを指します。

小規模デイサービスだった時は、管轄が「都道府県」に対し、地域密着型は「市区町村」が管轄となりました。これは、地域との連携や運営の透明性を図る目的があります。要介護1以上の方が対象で、要支援者は対象とはなりません。

 

人員基準

人員基準は、管理者1名・生活相談員1名・看護職員1名・介護職員(15人まで1名、その後1名に対し0.2を加えた数以上)、機能訓練指導員1名以上

※生活相談員・介護職員のうち1名以上は常勤

 

設備配置

食堂兼機能訓練室:合計した面積が利用定員×3.0㎡以上
相談室:相談内容が漏洩しないように配慮されているかどうか

 

 

【関連記事】

簡単・安心の個別機能訓練加算ソフト「リハプラン」 簡単・安心の個別機能訓練加算ソフト「リハプラン」

リハプランについての資料請求、ご質問など
なんでもご相談ください。

必須会社名・所属団体名
必須お名前
必須電話番号
任意メールアドレス
任意自由記入欄