柔道整復師

簡単・安心の個別機能訓練加算ソフト「リハプラン」

柔道整復師とは

柔道整復師は、昔はよく「ほねつぎ」屋さんと呼ばれていました。最近ほねつぎとは言わなくなってきてはいますが、「整骨院」「接骨院」という名称で広く知られています。

柔道整復師は国家資格であり、専門学校や大学において所定の専門科目を履修し、国家試験に合格することで資格を取得することができます。

整骨院や接骨院は柔道整復師がいないと開業することができません。逆に「整体院」は国家資格ではなく、誰でも名乗れることから、リラクゼーションサロンとして多くのお店が出店しています。

 

柔道整復師と理学療法士の違い

柔道整復師と理学療法士はよく比較されますが、根本的に全く違う資格と言えます。というのも、柔道整復師は「医療"類似"国家資格」に対して理学療法士は「医療国家資格」という点です。

医療国家資格者は、医師の指示のもと医療行為を提供します。一方で、医療類似国家資格者は医師の指示が必要な場合(骨折・脱臼)もありますが、その多くは同意を得なくても医療類似行為を行うことが可能です。

そのため、整骨院や接骨院の開業が認められています。類似した資格には、あん摩マッサージ指圧師と鍼灸師があります。

 

柔道整復師と機能訓練指導員

通所介護(デイサービス)には、機能訓練指導員が必須となっています。機能訓練指導員は、理学療法士作業療法士言語聴覚士などのリハビリ専門職に加えて、看護師(准看護師含む)・柔道整復師・あん摩マッサージ指圧師・鍼灸師(一部条件あり)が担うことができます。

最近は、接骨院に併設して通所介護事業所を解説しているところも多くなってきましたが、通所介護における機能訓練指導員を行うことが許可されています。

 

 

【関連記事】

簡単・安心の個別機能訓練加算ソフト「リハプラン」 簡単・安心の個別機能訓練加算ソフト「リハプラン」

リハプランについての資料請求、ご質問など
なんでもご相談ください。

必須会社名・所属団体名
必須お名前
必須電話番号
任意メールアドレス
任意自由記入欄