2019年02月13日更新

ケアマネージャー(介護支援専門員)

簡単・安心の個別機能訓練加算ソフト「リハプラン」

ケアマネージャー(介護支援専門員)とは

ケアマネージャーは介護支援専門員とも言います(以下、ケアマネ)。現場ではケアマネと呼ばれ、2000年に介護保険制度が誕生した際にできた比較的新しい資格です。

ケアマネは、要介護者の自立支援を目指し、ご利用者さまのご希望に沿ってケアプランを作成しその人らしく生活が送れるように支援する仕事です。

ケアマネが働く場所としては、居宅介護支援事業所がもっとも多いですが、介護老人保健施設や地域包括支援センター、医療機関で働くこともあります。

ケアマネ資格はそれ単体であるわけではなく、医師や看護師、PTOTSTなどのリハビリ職の医療従事者、または介護福祉士やヘルパーなどの介護従事者がその職業を5年以上行うことで受験資格を得ることができます。

その多くは介護従事者のステップアップ資格となっており、介護福祉士やヘルパーからケアマネになるという方が圧倒的に多い職業です。

今後はより在宅サービスに移行することが考えられ、ケアマネの需要が増えていくことが予想されます。

【関連記事】

簡単・安心の個別機能訓練加算ソフト「リハプラン」 簡単・安心の個別機能訓練加算ソフト「リハプラン」