2019年02月20日更新

生活機能向上連携加算

簡単・安心の個別機能訓練加算ソフト「リハプラン」

生活機能向上連携加算とは

生活機能向上連携加算は、元々は「訪問介護」のみに限定された加算でしたが、平成30年度の介護報酬改定において、デイサービス(通所介護)やデイケア(通所リハ)、グループホーム、特養でも算定することが可能となりました。

この目的は「自立支援介護」です。

自立支援のサービス提供を目的として、施設職員・サービス提供責任者が医療機関に所属するPT・OT・ST・医師と共同して利用者さまのアセスメントを行い、計画書を作成した場合に算定できる加算です。

算定要件・単位数については、施設の種類によって若干の違いがありますので、詳しくは生活機能向上連携加算とはどんな加算?平成30年度の介護報酬改定版をご覧になってください。

 

生活機能向上連携加算を算定できる施設一覧

・訪問介護

・デイサービス(通所介護)、地域密着型通所介護

・認知症対応型通所介護

・短期入所生活介護(ショートステイ)

・特定施設入居者生活介護、地域密着型特定施設入居者生活介護(特別養護老人ホーム)

・小規模多機能型居宅介護

・定期巡回・随時対応型訪問介護看護

・認知症対応型共同生活介護(グループホーム)

 

 

【関連記事】

簡単・安心の個別機能訓練加算ソフト「リハプラン」 簡単・安心の個別機能訓練加算ソフト「リハプラン」