2019年02月07日更新

言語聴覚士

簡単・安心の個別機能訓練加算ソフト「リハプラン」

言語聴覚士とは

言語聴覚士とは、脳卒中などの病気などにより言語(言葉)や聴覚、音声、認知、発達、摂食(食べる)、嚥下(飲み込む)の障害に対して、医師の指示の下で言語聴覚療法を行うリハビリの専門家です。

言語聴覚士は「Speech Therapist」で頭文字をとってSTと呼ばれます。

理学療法士(PT)作業療法士(OT)・言語聴覚士(ST)これら3職種がリハビリテーションの専門家となります。

 

言語聴覚士(ST)が活躍する場所

言語聴覚士が働く場所は、一般病院や介護施設などが中心ですが、最近では訪問リハビリテーションのニーズも増えてきています。中には、ST専門のデイケア施設もあり、今後のニーズが拡大していくことは間違いありません。

 

言語聴覚士の給料

言語聴覚士の給料は働く場所(病院・施設・在宅)によって変わります。

 

【関連記事】

簡単・安心の個別機能訓練加算ソフト「リハプラン」 簡単・安心の個別機能訓練加算ソフト「リハプラン」