2019年02月19日更新

リハプラン 医療と介護の総合展(2019年2月20日〜22日)展示会出展のお知らせ

IT・病院運営・ヘルスケア・医療機器・地域包括ケア・介護など、主要企業が一挙に集結する「医療と介護の総合展」が2019年2月20日(水)〜22日(木)にインテックス大阪で開催されます。弊社サービスリハプランも出展する運びとなりました。この機会に是非足をお運びくださいませ。



リハプラン マガジンの読者の皆様方、平素より大変お世話になっております。 

本日は展示会のお知らせをさせていただきます。

来る2019年2月20日(水)〜22日(金)インテックス大阪で弊社ブースを展示会に出展する運びとなりました。 

リハプランはデイサービスにおける「個別機能訓練加算」を支援するツールであり、業務効率化・生産性向上を目的にリハビリの専門家でなくてもスムーズに個別機能訓練計画書を作成できるツールとなっております。実地指導・監査対策のため厚生労働省から発表されている内容に準じたものとなっております。

 

また、リハプランはリハビリの専門家(OT・PT)が作ったサービスであり、2000種類・600セット以上に及ぶプログラムから、生活目標にあったプログラムを自動で提案します。ご契約後も専門スタッフによるサポートを徹底しております。 

この機会に直接話を聞いてみたい、実際の使用方法を直接説明してもらいたい、などございましたら、是非ともお立ち寄りくださいませ。スタッフ一同万全の準備をしてお待ちしております。

 

ー 記 ー

医療と介護の総合展 展示会出展のご案内

 

【開催日時】2019年2月20日(水)〜22日(金)10:00〜18:00 
【会場】インテックス大阪
【アクセス】 こちらをご覧ください 
【弊社出展ブース】29−25
【医療と介護の総合展 WEBサイト】 https://www.medical-jpn.jp/ja-jp.html



※展示会は入場料5,000円がかかりますが、事前登録をすることで無料となります。

 

事前登録はこちらから

個別機能訓練計画書作成のポイントを無料配布中

2021年度の介護報酬改定に対応した個別機能訓練計画書作成のポイントを無料でダウンロードいただけます。

無料相談・デモ体験も受付中!

こんな方におすすめ!

・初めて算定するので個別機能訓練加算について詳しくしりたい

・さまざまなデイサービスの成功事例を知りたい

・リハプランの実際の画面を見てみたい

著者プロフィール

author

大屋 祐貴

リハビリ専門職(作業療法士)として、回復期リハビリテーション病院や救急病院、訪問リハビリに勤務し、医療・介護現場の幅広い分野を経験。現場のリハビリテーションを技術を高めるため研修会を立ち上げ、これまでに100名規模の研修会も開催された。現在は、「職種を越えたリハビリ介護を実現する」をテーマに、リハプランの専属ブロガーとして活躍中。作業療法士の専門性を活かして、介護事業所で算定できる加算・減算の中でも「個別機能訓練加算」について算定要件や計画書の書き方、機能訓練プログラムについて執筆している。

〜筆者の想い〜
通所介護事業所(デイサービス)の約8割は、リハビリ専門職(理学療法士、作業療法士、言語聴覚士)が不在のため、看護師や柔道整復師、あん摩マッサージ指圧師が機能訓練を実施しているのが現状です。機能訓練指導員が、高齢者にあった最適な運動を提供するために必要なノウハウをわかりやすく解説します。

簡単・安心の個別機能訓練加算ソフト「リハプラン」

リハプラン導入事例

もっとみる