デイサービススタッフが理解しておくべき「サルコペニア」と「フレイル」について

デイサービス利用者は高齢者であることから、デイサービススタッフはサルコペニアやフレイル、ロコモなどの理解が必要です。そこで今回は「サルコペニア」と「フレイル」にフォーカスをあてて、サルコペニア・フレイルとはどんなものなのか、どういう対策をしていったらいいのかをご説明していきます。

簡単・安心の個別機能訓練加算ソフト「リハプラン」

サルコペニアとフレイル

サルコペニアとは、ギリシャ語で「Sarco」・「Penia」の2つを合わせた造語です。サルコは筋肉を意味し、ペニアは喪失や不足を意味します。つまり、サルコペニアは「筋肉の喪失」や「筋肉の不足」を表します。

フレイルとは、高齢者の身体機能や認知機能の低下を表し、「虚弱な状態」を意味します。日本老年医学会が2014年に提唱した概念であり、介護業界では要介護の予備軍として非常に注目を浴びています。

40歳を境に人の筋肉量は減少してきます。そして、高齢になるにつれて筋肉量は減少していき、単純に筋肉量が減少していけば運動機能の低下が起こるため、人は動かなくなっていきます。日常生活で動く機会が減ってきてしまうと生活不活発病という、いわゆる「廃用症候群」が起こってしまいます。

この運動機能低下に加えてうつ病や認知症などの「認知機能の低下」、寝たきり・閉じこもりなどの要素が加わることでフレイルが加速していきます。また、この状態には低栄養の関連性が強いと厚生労働省も発表しています。

脳卒中を始めとする疾病予防の重要性は言うまでもないが、後期高齢者が要介護状態になる原因として無視できないものとして、「認知症」や「転倒」と並んで「高齢による衰弱」がある。「恒例による衰弱」とはまさしく老年医学で言う「虚弱:フレイルティ(frailty)」を含んでおり、低栄養との関連が極めて強い

また、高齢者の身体機能障害のリスク因子、転倒リスク因子として加齢に伴う筋肉の減少、又は老化に伴う筋肉量の減少(以下、サルコペニア)も注目されている。この病態は栄養障害、虚弱(以下、フレイルティ)とも関連が強く、転倒予防や介護予防の観点からも重要である。

引用:高齢者の低栄養防止・重症化予防等の推進について

サルコペニアとフレイルについてを簡単にまとめると、以下のようなことがポイントになります。

・筋肉量の減少及び不足
・低栄養
・生活不活発病(廃用症候群)
・虚弱

より詳しくサルコペニアのことを知りたい方は、下記関連記事をお読みください。
 

【関連記事】
サルコペニアとは 評価方法とご高齢者の栄養・運動の基礎知識

 

サルコペニアとフレイルを予防するには

サルコペニアとフレイル

サルコペニアは筋肉の減少のため、筋肉を増やすことが必要です。そのためには、まず「栄養をしっかり摂ること」が重要で、特にタンパク質を摂取することが重要視されています。

牛ヒレ肉や豚ヒレ肉などのお肉の摂取や、赤みのマグロやかつお、いわしなどの魚の摂取もタンパク質を多く含む食品として知られています。

栄養がしっかり摂れた上で、次に重要なのが適度な運動を行うことです。

話が少しそれますが、栄養状態が悪い中で運動を行っても全く意味がありません。むしろ逆効果だったりするので、栄養状態が良いということが基本です。このあたりのことは、外部サイトになりますが、以下の記事が非常にまとまっているので参考になると思います。

【関連記事】外部サイトリンク
『リハビリテーション栄養』低栄養でリハビリをしても効果はなく、むしろ逆効果である。
『栄養ケアなくしてリハビリなし』栄養とリハビリテーションについて誰でも分かるように解説します。
 

 

デイサービスでサルコペニア・フレイルを予防するための体操全集

ここまで説明してきましたが、デイサービス利用者の中にはサルコペニア・フレイルという状態の方が多くいらっしゃいます。

デイサービスで使える体操方法について、弊社理学療法士・作業療法士がまとめていますので、以下の記事を参考に、状況に合わせてうまくご活用していただけると嬉しいです。

バランスディスク活用法!下半身・体幹に効果的なトレーニング【全30種】

高齢者のリハビリにおける、バランス感覚を鍛えるトレーニングをご紹介!

足首・ふくらはぎのストレッチに効果的な体操方法 デイサービスで座位でできる運動

高齢者のためのセラバンド体操 | 座ってできる上肢トレーニング【全16種】

高齢者にお勧めのセラバンド体操|上半身編【11選】

高齢者のリハビリ向けの棒体操をご紹介!

腸腰筋のトレーニング特集|ご高齢者に最適な運動方法 11選

排便体操・尿漏れ体操 介護施設ですぐできる排泄トレーニング厳選 11種類

セラプラストを使用した手指のリハビリプログラム 【全14種】

高齢者のための指体操 全11種|椅子に座って脳の活性化をしよう!

高齢者向けの座ってできるリハビリ体操をご紹介! | 全22種

高齢者の転倒予防体操|効果的な体操まとめ【全18種】

 

まとめ

デイサービススタッフが理解しておくべき「サルコペニアとフレイル」についてご説明しましたが、いかがでしたでしょうか。

デイサービスは通所サービスなので、比較的元気な方も多いと思います。しかしながら、一見元気に見えても実は栄養状態が悪かったりすることもありますし、少なくともサルコペニアの状態の方は非常に多いとご理解ください。

ここで紹介した体操をうまく活用していただけたら幸いです。

 

デイサービスの個別機能訓練計画書作成ツール「リハプラン」

個別機能訓練加算 リハプラン

〜確かなリハビリをもっと簡単に〜


・初期費用無料
・経済産業省 最大50万円補助(IT導入補助金の件はこちら
・リハビリ専門職(PT・OT)による無料サポート


詳しくはこちらをご覧になってください。お問い合わせもお気軽にしてください。

→ リハプランはこちら

 

 

 

簡単・安心の個別機能訓練加算ソフト「リハプラン」 簡単・安心の個別機能訓練加算ソフト「リハプラン」

著者プロフィール

author

リハビリ専門職(作業療法士)として、回復期リハビリテーション病院や救急病院、訪問リハビリに勤務し、医療・介護現場の幅広い分野を経験。現場のリハビリテーションを技術を高めるため研修会を立ち上げ、これまでに100名規模の研修会も開催された。現在は、「職種を越えたリハビリ介護を実現する」をテーマに、リハプランの専属ブロガーとして活躍中。作業療法士の専門性を活かして、介護事業所で算定できる加算・減算の中でも「個別機能訓練加算」について算定要件や計画書の書き方、機能訓練プログラムについて執筆している。

〜筆者の想い〜
通所介護事業所(デイサービス)の約8割は、リハビリ専門職(理学療法士、作業療法士、言語聴覚士)が不在のため、看護師や柔道整復師、あん摩マッサージ指圧師が機能訓練を実施しているのが現状です。機能訓練指導員が、高齢者にあった最適な運動を提供するために必要なノウハウをわかりやすく解説します。

デイサービスメソッドを無料プレゼント!

デイサービスメソッドは、リハプランで扱っているデイサービスのノウハウを体系的にまとめたもので、ご利用者を元気にするためのメソッドです。 7章構成となっており、介護士やリハビリ担当者がすぐに現場で使えるハウツーに加えて、マニュアルやリスク管理、営業等、デイサービスの管理運営に役立つコンテンツも入っています。

リハプランについての資料請求、ご質問など
なんでもご相談ください。

必須会社名・所属団体名
必須お名前
必須電話番号
任意メールアドレス
任意自由記入欄