ADLとIADLの違い 項目・アセスメント評価・訓練内容を解説!

ADLとは日常生活動作、IADLとは手段的日常生活動作ですが、どちらも日常生活動作を示す用語のため違いがわからない方も多いのではないでしょうか?ADLとIADLについて、具体的な項目の違い、アセスメント評価方法・評価スケール(FIM・BIなど)、訓練内容についてそれぞれご紹介します。医療・介護スタッフの基礎知識として言葉の違いを理解していきましょう。

簡単・安心の個別機能訓練加算ソフト「リハプラン」

ADLとIADLの定義の違いとは

ADLとIADLの定義の違いとは

ADLとIADLの定義の違いを理解しておきましょう。医療・介護業界で当たり前のように使われる言葉の1つである「ADL」と「IADL」ですが、その違いについて詳しく説明することはできますか?

 

ADL(日常生活動作)とは

ADLは「日常生活を送るために最低限必要な日常的な動作」と定義されています。ADL(日常生活動作)とは、Activities of Daily Livingの頭文字を略した言葉で、ADLのAはアクティビティー(動作)、Dはデイリー(日常)、Lはリビング(生活)の意味を持ちます。主なADL項目は食事やトイレ、入浴や整容、着替え、移動などといったような、私たちが日常生活を送るために必要な基本的な動作、日常的・習慣的に行なっている行動のことです。


IADL(手段的日常生活動作)とは

IADLとは、Instrumental Activity of Daily Livingの略で、日本では「手段的日常生活動作」と呼ばれます。日常生活を送る上で必要な動作の中でもADLより高度です。主なIADL項目には買い物や洗濯、家事全般、金銭管理、服薬管理、交通機関の利用などの動作・行動のことです。

定義上、ADLは日常生活を送るために必要な「基本的な動作」に対して、IADLは日常生活動作の中でも「複雑で高次な日常生活動作」ということがご理解いただけたと思います。

つまり、能力低下はより難しいIADLから起こり、次にADLの能力の低下が起こることになります!

▼ADLの定義や評価方法についてもっと詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

【関連記事】

ADLとはどんな意味?ADLの評価に役立つ基礎知識をご紹介

ADLを評価する「FIM」「BI」の評価方法について簡単に解説します。

ADLとIADLの内容の違いとは

ADLとIADLの内容の違い

具体的にADLとIADLにはどのような内容があるのでしょうか?ADLとIADLの項目の違いをご紹介します。

ADLの項目

・起居動作(寝返り、起き上がり、立ち上がりなど)
・食事
・整容(歯磨き、髭剃り、化粧など)
・入浴(体洗、洗髪、浴槽移乗など)
・更衣(ズボンや上着、下着の着脱など)
・トイレ
・車椅子または歩行(杖歩行や歩行器歩行など)
・階段
・移乗(トイレ移乗、ベッド移乗など)

IADLの項目

厚生労働省では以下の8項目をIADLの尺度の指標としています。
・電話を使用する能力(自分で番号を調べて電話をかけるかなど)
・買い物(すべての買い物を自分で行うかなど)
・食事の準備(自分で献立を考え準備・給仕までするかなど)
・家事(日常的な範囲のことをすべて自分で行うかなど)
・洗濯(すべて自分で行うかなど)
・移送の形式(自分で運転したり公的機関を利用して旅行するかなど)
・自分の服薬管理(適正な量の薬を規定の時間に飲めるかなど)
・財産取り扱い能力(銀行手続きやお金の出し入れ等、お金の管理をすべて自分で行うなど)

 

▼ADLとIADLをサポートする介護にはQOLを考慮することが重要です。ADLとIADLの違いについて理解しつつ、その先にあるQOLについても合わせて理解しておきましょう。

【コラム】

ADLとIADL、そしてQOLについて

介護や福祉の現場では、ご利用者様のADLやIADLのケアを大切にしていますが、その延長線上に障害があってもその人らしい満足いく生活が営めるように「生活の質=QOL」が重要視されるようになってきています。

ADLとIADLのアセスメント・評価方法の違いとは

ADLとIADLのアセスメント・評価方法の違いとは

ADLとIADLのアセスメントについてご紹介します。医療や介護現場では、利用者がこれらの日常生活動作をどれくらい自分でできるのかを把握してサービス計画(支援する内容)を検討します。

実際の現場では、計画に沿ったケアを行い、その結果どうだったかのアセスメントを考察するために必要であり、共通言語として活用することも多い指標です

ADLのアセスメント

FIM
FIMは、実際にどれくらいの介助量が必要なのか本人が「しているADL」を評価します。運動項目と認知項目の2つに分類され、126点満点で採点します。この点数が高いほどADLが高い(=介護の必要性が低い)という結果になります。

【関連記事】

FIMとは

FIMとは「Functional Independence Measure」略語で、1983年にGrangerらによって開発されたADL評価法です。日本語では「機能的自立度評価法」といいます。

BI(バーセルインデックス)
BIは、FIMとは異なり本人が「できるADL」を評価します。BIの評価項目は全10項目で、各項目が自立度(自立・部分介助・全介助など)に応じて0~15点(2~4段階)で評価され、100点満点で採点します。

【関連記事】

バーセルインデックスとは

Barthel Index(BI:バーセルインデックス)とは、食事や着替えなどの日常生活の能力を評価する検査方法で、病院や介護現場で患者様のADLを評価することを目的に使われています。Barthel Indexの頭文字から「BI」と略されることもあり、専門職以外でも容易に理解でき、時間をかけずに比較的正確な評価結果が得られる国際的なADL評価の一つです。

IADLのアセスメント

Lawtonの手段的日常生活動作(IADL)尺度
IADLを評価するLawtonのIADL評価尺度では、8つの評価項目を3~5段階の選択肢の中から選び、その動作が「できる:1点」か「できない:0点」で採点します。


老研式活動能力指標
IADLを評価する老研式活動能力指標は、地域に住む高齢者の生活能力を測定することを目的にしています。主に「手段的自立」「知的能動性」「社会的役割」の項目について質問形式で「はい」「いいえ」を回答してもらう、合計13点満点の評価です。退職後の高齢者を想定していることから「仕事・生産活動」の項目はありません。


Frenchay Activities Index(FAI)
 IADLを評価するFAIは、日常生活の中でも応用動作や社会生活における活動の全15項目を評価します。面接調査で、3か月間または6か月間の行動を評価するものです。対象者は、住み慣れた地域で生活できているご高齢者のIADLを評価するために用いられます。

 

▼IADLの意味や評価方法については以下の記事で詳しく解説しています。興味があればこちらもご覧ください。

【関連記事】

IADLとは IADLの定義・項目、評価(アセスメント)や訓練に役立つ基礎知識

手段的日常生活動作を指すIADLの意味やIADL評価について簡単に解説します。IADL評価のためのアセスメント評価票であるLawtonの「手段的日常生活動作尺度」についてもまとめています。

ADL訓練にはどんなものがあるのか?

ADL訓練 更衣動作
ADL訓練 更衣動作
画像出典:セルフボックス

では、具体的にADLとIADLの訓練内容の違いについてご紹介します。

まず、こちらはADL訓練です。ADLの訓練内容は、食事やトイレ、入浴や整容、着替え、移動など日常生活を送るために必要な基本的な動作の獲得を目的とした訓練を実施します。


その中でもこちらの訓練は、「着替え」の模倣訓練です。着替えを行うためには、ズボンの上げ下げや靴下の着脱がスムーズにできなければなりません。

特に、脳梗塞後遺症で片麻痺がある人や股関節・脊椎疾患などで可動域制限がある人への下衣着脱訓練として実施されています。

IADL訓練にはどんなものがあるのか?

IADLの家事動作に必要な「台拭き」の模倣訓練
画像出典:セルフボックス

続いては、IADL訓練をご紹介します。IADLの訓練内容は、ADLより高度で複雑な買い物や洗濯、家事全般、金銭管理、服薬管理、交通機関の利用などの獲得を目的とした訓練を実施します。

その中でもこちらの訓練は、家事動作に必要な「台拭き」の模倣訓練です。台拭きは、掃除動作などのIADLの獲得として非常に重要な動作です。特に、脳梗塞後遺症で片麻痺がある人や肩関節周囲炎などで肩が動かしにくい人への家事動作訓練として実施されています。

まとめ

ADLとIADLの違いはご理解いただけましたか。

ADL、IADLは、どちらも複雑な動作が組み合わさっていますが、ADL訓練に比べ、IADL訓練はより複雑な動作のため、目的の動作を細分化して訓練していく必要があります。

医療・介護スタッフの基礎知識としてADLとIADLの違いを明確にしておきましょう。

 

デイサービス運営において必要な「評価・測定」について、一挙にまとめていますので、必要に応じて活用していただければと思います。

→→ 【完全保存版】デイサービスで活用できる評価・測定に関する記事まとめ|随時更新

 

簡単・安心の個別機能訓練加算ソフト「リハプラン」 簡単・安心の個別機能訓練加算ソフト「リハプラン」

著者プロフィール

author

リハビリ専門職(作業療法士)として、回復期リハビリテーション病院や救急病院、訪問リハビリに勤務し、医療・介護現場の幅広い分野を経験。現場のリハビリテーションを技術を高めるため研修会を立ち上げ、これまでに100名規模の研修会も開催された。現在は、「職種を越えたリハビリ介護を実現する」をテーマに、リハプランの専属ブロガーとして活躍中。作業療法士の専門性を活かして、介護事業所で算定できる加算・減算の中でも「個別機能訓練加算」について算定要件や計画書の書き方、機能訓練プログラムについて執筆している。

〜筆者の想い〜
通所介護事業所(デイサービス)の約8割は、リハビリ専門職(理学療法士、作業療法士、言語聴覚士)が不在のため、看護師や柔道整復師、あん摩マッサージ指圧師が機能訓練を実施しているのが現状です。機能訓練指導員が、高齢者にあった最適な運動を提供するために必要なノウハウをわかりやすく解説します。

デイサービスメソッドを無料プレゼント!

デイサービスメソッドは、リハプランで扱っているデイサービスのノウハウを体系的にまとめたもので、ご利用者を元気にするためのメソッドです。 7章構成となっており、介護士やリハビリ担当者がすぐに現場で使えるハウツーに加えて、マニュアルやリスク管理、営業等、デイサービスの管理運営に役立つコンテンツも入っています。

リハプランについての資料請求、ご質問など
なんでもご相談ください。

必須会社名・所属団体名
必須お名前
必須電話番号
任意メールアドレス
任意自由記入欄