介護事務管理士とは?仕事内容と試験について理解しよう

介護事務管理士とは介護事業所の受付けや会計、レセプト業務などを担当する事務スタッフのスキルを証明する専門の資格です。それでは詳細について見ていきましょう

簡単・安心の個別機能訓練加算ソフト「リハプラン」

介護事務管理士とは

介護事務管理士とは2000年に始まったJSMA技能認定振興協会が資格認定を行っている介護事務のスキルを証明をする資格です。主に受付けや会計、レセプト業務などを行う事務スタッフ向けの資格であり、「介護事務管理士技能認定試験」に合格することで取得できます。
受験資格や年齢制限もなく、転職や就職、再就職にも有利な介護事務の仕事です。

 

介護事務関連資格の種類

介護事務管理士という資格は、技能認定振興協会(JSMA)が資格認定を行っているものを指しますが、介護事務という業務のスキルを証明する資格としては以下のようなものがありますので比較してみてください。

介護事務管理士(R)資格

介護事務管理士(R)資格とは、技能認定振興協会(JSMA)が資格認定を行っている介護事務のスキルを証明をする資格です。受験資格の制限は特にありません。試験は全国の主要都市に試験会場があり、1月・3月・5月・7月・9月・11月の年6回実施される他、指定の通信講座を受講した方は自宅で試験を受けるという受験方法も可能です。

JSMA 技能認定振興協会の介護事務管理士®技能認定試験​のページへ

ケアクラーク技能認定試験 ケアクラーク資格

ケアクラーク資格とは、一般財団法人 日本医療教育財団が認定する介護事務業務の従事者として必要な社会福祉制度や介護報酬請求事務などに関する知識と技能のレベルを評価、認定することによって、その職業能力の向上と社会的経済的地位の向上に資することを目的としている資格です。試験日程は年6回(4月、6月、8月、10月、12月、2月)、各都道府県内の公共施設等が試験会場となります。

日本医療教育財団のケアクラーク技能認定試験(ケアクラーク)のページへ

介護情報実務能力認定試験 介護事務実務士(R)

介護事務実務士(R)とは、介護情報実務能力認定試験のことで、医療福祉情報実務能力協会が資格認定する介護報酬請求事務の仕事で求められる能力を評価する資格で介護報酬請求事務の従事で求められる一定の能力を有すことを証明するものです。受験資格の制限は特にありません。受験方法は、試験日に在宅受験にて介護情報実務能力認定試験を受験し合格するか、指定の通信講座を修了することで資格を取得できます。

医療福祉情報実務能力協会の介護情報実務能力認定試験 介護事務実務士(R)のページへ

 

介護事務管理士の就職先とは

介護事務管理士の就職先は
①ヘルパーステーション
②訪問看護ステーション
③デイサービスセンター
④ショートステイ
⑤グループホーム
⑥特別養護老人ホーム
⑦老人保健施設
などの介護事業所が就職先の中心となっています。

介護事務管理士の試験情報について

介護事務管理士の年間試験日程

2017年…5月27日(土)、7月22日(土)、9月23日(土)、11月25日(土)
2018年…1月27日(土)、3月24日(土)

介護事務管理士の受験料

6,500円

学科試験

法規、介護請求事務 (マークシート形式 10問)
・介護保険制度
・介護報酬の請求についての知識
・介護給付費単位数の算定
・介護給付費明細書の作成
・介護用語についての知識

実技試験

介護給付費明細書を作成するために必要な知識 (3問)
・レセプト点検問題(1問)
・レセプト作成  (2問)

試験時間

学科・実技併せて2時間

詳しくはこちら:介護事務管理士について

 

介護事務管理士の難易度について

介護事務管理士の難易度は、初めての方であれば難しく感じることもあれば、現場経験のある方であれば、独学でも大丈夫な方もいらっしゃいます。
ただし、しっかりとした試験でので対策は怠らないようにしましょう。

【事例】
介護事務担当者としての要件には、いろいろな条件が考えられます。次の各項の中で、 運営基準の中に規定されている介護従業者の義務として最も重要なものを1つ選びなさい。

A.介護保険法に精通し、 正しい介護報酬の算定ができること。
B.業務上知り得た「利用者又はその家族の秘密」を他に濡らさないこと。
C.介護保険と医療保険で扱うサービスの区分について、 明確な知識を持つこと。
D.サービス提供機関内の人々との協調性を持って、 円滑な人間関係を保てること。
E.サービス業としての認識を持ち、 利用者や家族等に懇切丁寧な対応を心がけること。

詳しくはJSMA技能認定振興協会の公式ホームページをご覧ください。

介護事務管理士の合格率

介護事務管理士の合格率は50%位です

簡単・安心の個別機能訓練加算ソフト「リハプラン」 簡単・安心の個別機能訓練加算ソフト「リハプラン」

著者プロフィール

author

Rehab for JAPAN代表取締役社長。法政大学大学院(CSR専攻)卒業し、政策学修士を取得。作業療法士として、在宅介護(通所介護・訪問看護)や医療機関(救急)など現場経験をした後、株式会社Rehab for JAPANを創業した。主な書籍として『幸せな職場の作り方』ラグーナ出版、2014(共著)などがある。

~筆者の想い~
介護報酬マイナス改定や職員不足など介護経営は厳しい時代です。介護事業所を強くし、安定した介護経営をしていくためには業務効率化のためのIT導入や集客アップのための営業戦略、他社サービスとの差別化などが重要です。介護経営者様・管理者様向けに「介護経営のノウハウ」や「介護マネジメント」についてわかりやすく解説します。

デイサービスメソッドを無料プレゼント!

デイサービスメソッドは、リハプランで扱っているデイサービスのノウハウを体系的にまとめたもので、ご利用者を元気にするためのメソッドです。 7章構成となっており、介護士やリハビリ担当者がすぐに現場で使えるハウツーに加えて、マニュアルやリスク管理、営業等、デイサービスの管理運営に役立つコンテンツも入っています。

リハプランについての資料請求、ご質問など
なんでもご相談ください。

必須会社名・所属団体名
必須お名前
必須電話番号
任意メールアドレス
任意自由記入欄