介護職員初任者研修とは?内容と資格について理解しよう

介護職員初任者研修は、訪問介護事業所に勤めている方や介護に関する最低限の知識・技術を身につけ、基本的な介護業務を実践できるようになるための基礎研修です。

簡単・安心の個別機能訓練加算ソフト「リハプラン」

介護職員初任者研修とは

介護職員初任者研修は介護職員不足(2025年には介護職員は現在の 1.5 倍)の改善と介護福祉士になるためにキャリアアップを実現を目的に2013年度から始まりました。 老人ホームやデイサービスなどの施設、訪問ヘルパーとして働きたい人、家族に介護者がいるなど介護に初めて携わる方のための「介護入門」の研修です。

介護職員初任者研修の内容とは

介護職員初任者研修の内容は以下のカリキュラムとなっています

【介護職員初任者研修の科目】
①職務の理解|6時間
②介護における尊厳の保持・自立支援|9時間
③介護の基本|6時間
④介護・福祉サービスの理解と医療との連携|9時間
⑤介護におけるコミュニケーション技術|6時間
⑥老化の理解|6時間
⑦認知症の理解|6時間
⑧障害の理解|3時間
⑨こころとからだのしくみと生活支援技術|75時間
⑩振り返り|4時間

合計 130時間

※介護職員初任者研修は、訪問介護員2級(ホームヘルパー2級)と比べると、施設実習がなくなった分演習の時間が増えています。また、新たに「医療との連携」と「認知症の理解」を新設し、今後の高齢社会を担う人材となるための入門と言えるでしょう。

介護職員初任者研修の研修費用とは

介護職員初任者研修の研修費用はおおよそ6万円前後が一般的となっています。

介護職員初任者研修を受けるメリットとは

よりキャリアパスをわかりやすくし、介護人材の定着をはかるため、介護職員初任者研修として研修を一本化しました。
これにより介護職員初任者研修は介護士としての上級資格である「介護福祉士」としてのキャリアアップを目指すことができます。介護福祉士になるためには「実務者研修」の修了が必須条件ですが、すでに介護職員初任者研修を修了している場合は、実務者研修において免除される科目があり短時間の講習かつ受講料も安く抑えられることができるのです。
介護福祉士になることで、事業所の責任者や役職者になるなどの技術面のアップだけでなく、給与面のアップが期待できます。

ーー
画像の出典:厚生労働省介護職員初任者研修 より

【介護福祉士についてもっと知りたい方はこちら】
介護福祉士になるためには?仕事内容と役割を知っておこう!

簡単・安心の個別機能訓練加算ソフト「リハプラン」 簡単・安心の個別機能訓練加算ソフト「リハプラン」

著者プロフィール

author

Rehab for JAPAN代表取締役社長。法政大学大学院(CSR専攻)卒業し、政策学修士を取得。作業療法士として、在宅介護(通所介護・訪問看護)や医療機関(救急)など現場経験をした後、株式会社Rehab for JAPANを創業した。主な書籍として『幸せな職場の作り方』ラグーナ出版、2014(共著)などがある。

~筆者の想い~
介護報酬マイナス改定や職員不足など介護経営は厳しい時代です。介護事業所を強くし、安定した介護経営をしていくためには業務効率化のためのIT導入や集客アップのための営業戦略、他社サービスとの差別化などが重要です。介護経営者様・管理者様向けに「介護経営のノウハウ」や「介護マネジメント」についてわかりやすく解説します。

デイサービスメソッドを無料プレゼント!

デイサービスメソッドは、リハプランで扱っているデイサービスのノウハウを体系的にまとめたもので、ご利用者を元気にするためのメソッドです。 7章構成となっており、介護士やリハビリ担当者がすぐに現場で使えるハウツーに加えて、マニュアルやリスク管理、営業等、デイサービスの管理運営に役立つコンテンツも入っています。

リハプランについての資料請求、ご質問など
なんでもご相談ください。

必須会社名・所属団体名
必須お名前
必須電話番号
任意メールアドレス
任意自由記入欄