デイサービス(通所介護)の管理者の仕事内容と兼務内容とは

デイサービス(通所介護)の管理者についてお探しですか。管理者は生活相談員、機能訓練相談員、看護職員、介護職員との兼務可となっており特に資格要件ありませんが常勤勤務しなければならず専ら職務に従事する常勤管理者で1人以上必要です。デイサービスの管理者の資格要件、仕事内容、兼務や不在時の対応、給料、悩みなどをご紹介します。

簡単・安心の個別機能訓練加算ソフト「リハプラン」

デイサービス(通所介護)管理者に資格要件

デイサービス(通所介護)管理者に、特別な資格は必要とされていません。一方、管理者は管理業務に専念すると共に兼務することも認められており、機能訓練指導員(看護師免許や理学療法士・作業療法士免許、柔道整復師等の免許)や生活相談員(社会福祉士、社会福祉主事、精神保健福祉士)の資格を取得しておくことで、業務の幅も広がり、その分の人員を採用する必要がなくなるため、人件費の削減にも繋がります。

【関連記事】

デイサービスとは

デイサービスの種類とサービス内容についてそれぞれご紹介します。

【関連記事】

通所介護の運営に必要な人員基準と設備・運営基準について

厚生労働省が定める通所介護の指定基準の中でも「人員基準」「設備基準」「運営基準」についてまとめてご紹介します。

デイサービス(通所介護)管理者の仕事内容

通所介護(デイサービス)の管理者 の仕事内容は、ご利用者の情報を一元的に管理、介護保険に関わるコンプライアンス遵守、従業員管理やサービス管理などの業務を行います。

通所介護の運営規程上は、通所介護の業務の一元管理という表現をしているところが多いと思います。

管理者の仕事を大きく分けると、介護保険法で定められた内容に従い事業やサービスが運営されているかということと、事業所としての人・物・お金・顧客の管理という部分になるかと思います。

デイサービス(通所介護)管理者の具体的な業務内容

デイサービスの管理者の具体的な業務はいろいろあるため、分類してピックアップしてみます。以下の業務は抜粋で、紹介する以外にもいろいろな業務があります。

介護保険法で定められた運営・介護サービスの提供ができているか

介護保険サービスを提供して介護報酬を得るためには、指定を受けた上で常に介護保険法の算定要件等を守れているか点検していく必要があります。

  • 利用者の情報管理
  • スタッフのシフトや勤務実績の確認(職務ごとに人員要件・必要配置時間等を満たしているかの確認)
  • 通所介護計画書作成や利用実績・請求等の確認
  • サービスを提供している時間や内容が適切かの管理
  • 各種加算などに必要な業務・書類等が揃っているか
  • 監督行政機関に必要な書類や報告すべき事項を報告・申請しているか

通所介護施設の設備や備品の管理

  • 建物や衛生面の管理
  • 消防計画・消防訓練の手配
  • 送迎車管理
  • 施設設備・物品の管理
  • 支払いや収入の管理

などを行います。また、利用者獲得のための営業やケアマネージャーとの情報交換や雑用など多岐にわたります。

事務職員がいない場合には採用や教育研修、介護保険請求業務、昼食を提供する場合には食事の手配や食品衛生に関わる業務などを行う場合もあります。

 

デイサービス(通所介護)管理者の兼務

デイサービス(通所介護)管理者は兼務が可能な職種もあります。

管轄する行政機関によっては、管理者として従事する時間と、兼務の職種として従事する時間を明確に分けるよう指導される場合もありますので、それぞれの自治体の指導にしたがってオペレーションを組んでいく方が良いと思います。

デイサービス(通所介護)管理者の兼務が可能なもの
・常勤の生活相談員
・機能訓練指導員
・看護職員
・介護職員(介護福祉士)

兼務はできますが、デイサービス(通所介護)管理者は請求業務やコンプライアンスに関する計画書や実績管理、ケアマネージャーへの営業活動など重要な仕事内容があります。優先順位をつけて業務を行う必要があります。

【関連記事】

デイサービスの営業方法・営業戦略とは?集客アップに役立つノウハウ

通所介護事業所であれば、サービス提供体制強化加算が事業所に加算されるなどのメリットがあります。詳細について見ていきましょう。

【関連記事】

機能訓練指導員とは

平成30年度の機能訓練指導員の資格要件の緩和も踏まえて、職種ごとの仕事内容の違いや年収などを詳しくまとめてご紹介します。

【関連記事】

生活相談員とは

「通所介護における生活相談員」の資格要件や配置基準などについてご紹介します。

【関連記事】

介護福祉士とは

通所介護事業所であれば、サービス提供体制強化加算が事業所に加算されるなどのメリットがあります。詳細について見ていきましょう。

 

デイサービス(通所介護)の管理者が不在の時

デイサービスの管理者の人員基準は、「指定通所介護事業所ごとに専らその職務に従事する常勤施設に常勤」となっています。生活相談員のような「サービス提供時間を通した配置」などの要件はないため、常勤換算方法の「休暇等の期間が暦月で1月を超える」というところまでは業務に支障がない限りは不在が認められます。(実際に不在だと業務上問題が続出するとは思います。)

また、入院などで不在になった場合にも、休暇等の期間が暦月で1月を超えるまで常勤として認められ、1ヶ月を超えた時には運営基準違反になる可能性があります。そのため、不在の期間が長期化しそうな場合には、早期に保険者と相談し、後任や代理を探し、管理者変更申請を行うなどの手続きが必要になります。

 

デイサービス(通所介護)管理者の給料

デイサービスの管理者の給与(年収)350万円~450万円が相場と言われています。
※勤める先の企業の規模や、地域によってその支給額は様々です。

一方、通所介護の管理者の年収が500万円を超える施設もあるので、様々な求人や給与を見てみると勉強になるかもしれません。

 

デイサービス(通所介護)の管理者の悩み

デイサービスの管理者は、経営的な数字と、働くスタッフと、ご利用者へのサービスの全てを考える立場であり、やりたいことと同時に悩みもいろいろ出てきます。

管理者と言っても、ご利用者の状態などを把握する必要があり介護の場に出て時間を共有しますし、職員の方達の負担などを把握しながら、やる気やサービス向上を考えて行くなど、マネジメントの面もいろいろ試行錯誤になります。また、欠員などが出た時の対応を考えるなどにも備えて、良い体制を作っておくなども大切な役割になります。

デイサービスの管理者は悩みばかりではありません。自分の責任のもと、自分たちでデイサービスの方針や魅力を作り出して行くことができます。

 

簡単・安心の個別機能訓練加算ソフト「リハプラン」 簡単・安心の個別機能訓練加算ソフト「リハプラン」

著者プロフィール

author

Rehab for JAPAN代表取締役社長。法政大学大学院(CSR専攻)卒業し、政策学修士を取得。作業療法士として、在宅介護(通所介護・訪問看護)や医療機関(救急)など現場経験をした後、株式会社Rehab for JAPANを創業した。主な書籍として『幸せな職場の作り方』ラグーナ出版、2014(共著)などがある。

~筆者の想い~
介護報酬マイナス改定や職員不足など介護経営は厳しい時代です。介護事業所を強くし、安定した介護経営をしていくためには業務効率化のためのIT導入や集客アップのための営業戦略、他社サービスとの差別化などが重要です。介護経営者様・管理者様向けに「介護経営のノウハウ」や「介護マネジメント」についてわかりやすく解説します。

デイサービスメソッドを無料プレゼント!

デイサービスメソッドは、リハプランで扱っているデイサービスのノウハウを体系的にまとめたもので、ご利用者を元気にするためのメソッドです。 7章構成となっており、介護士やリハビリ担当者がすぐに現場で使えるハウツーに加えて、マニュアルやリスク管理、営業等、デイサービスの管理運営に役立つコンテンツも入っています。

リハプランについての資料請求、ご質問など
なんでもご相談ください。

必須会社名・所属団体名
必須お名前
必須電話番号
任意メールアドレス
任意自由記入欄