個別機能訓練加算Ⅰの算定要件・機能訓練メニューをご紹介|筋トレ編

個別機能訓練加算Ⅰの算定要件や訓練メニューにはどのようなものがあるか知っていますか?個別機能訓練加算Ⅰでは、ご利用者様が主体的に選択できる複数のグループ活動を用意しなければなりません。そこで今回は、個別機能訓練加算Ⅰの算定要件や機能訓練メニューとして活用できる筋力トレーニング方法までまとめてご紹介します。

個別機能訓練加算Ⅰとは

通所介護における個別機能訓練加算Ⅰとは、ご利用者様が住みなれた地域で満足いく生活ができるようになるために身体機能の向上を目的とした機能訓練を提供することで1日あたり「46単位」を算定することができる加算です。

【関連記事】

個別機能訓練加算とは?算定要件から実践プログラムまで徹底解説します

個別機能訓練加算の算定要件から個別機能訓練計画書の書き方、実践プログラムまでまとめて解説します。

個別機能訓練加算Ⅰの算定要件について

個別機能訓練加算Ⅰでは看護職員、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、柔道整復師、あん摩マッサージ指圧師(以下、機能訓練指導員)が、個別機能訓練計画書を作成し、ご利用者様の身体状況に適した訓練を提供しなければなりません。

 

個別機能訓練加算Ⅰの算定要件は、次の基準にすべてに適合することが条件です。

(1)「常勤専従」の理学療法士等を1名以上配置していること

(2)利用者の自立の支援、日常生活の充実を目的とした機能訓練の項目を「複数」計画し、利用者の心身状況に応じた訓練を実施していること

(3)機能訓練指導員、看護職員、介護職員、生活相談員、その他の職種の者が共同し、機能訓練計画書を作成、実施していること

(4)3ヶ月に1回以上、利用者やその家族の居宅を訪問した上で、その内容を説明し、見直しを行っていること

平成27年度の介護報酬改定にて個別機能訓練計画を作成する場合は、必ずご利用者様の「居宅を訪問」した上で作成することが義務付けられたので注意していきましょう。

【関連記事】

機能訓練指導員とはどんな職種?仕事内容や魅力を徹底解説します

平成30年度の機能訓練指導員の資格要件の緩和も踏まえて、職種ごとの仕事内容の違いや年収をご紹介します。

個別機能訓練加算Ⅰの目的について

 厚生労働省老健局復興課長によると個別機能訓練加算Ⅰの目的は、利用者の自立の支援と日常生活の充実に資するよう複数メニューから選択できるプログラムの実施が求められ、座る・立つ・歩く等ができるようになるといった身体機能の向上を目指すことを中心に行われるものであるとされています。

【参考資料】

厚生労働省「通所介護及び短期入所生活介護における個別機能訓練加算に関する事務処理手順例及び様式例の提示について」

個別機能訓練加算ⅠとⅡの違いとは?

個別機能訓練加算Ⅰは、「身体機能の維持・向上」「疾病・疾患の予防」を目的とした機能訓練メニューを立案しなければなりません。

一方で、個別機能訓練加算Ⅱは、「トイレや着替えなどの日常生活動作の向上」「料理や洗濯などの生活関連動作の向上」「起き上がりや立ち上がりなどの基本動作」「カラオケや手工芸などの趣味・余暇活動の向上」「町内会の集まりなどの社会的交流」を目的とした機能訓練メニューを立案していきます。

しかしながら、厚生労働省(平成26年度)のデータを見てみると、個別機能訓練加算Ⅰ・Ⅱの機能訓練メニューの内容は、「関節可動域訓練」「筋力増強訓練」「歩行訓練」などに偏っていることがわかります。これは機能訓練メニューを提供する機能訓練指導員や介護スタッフが、その訓練の種類がわからないといった課題があることがわかります。

個別機能訓練加算ⅠとⅡの違いについては、下記の記事で詳しくご紹介しているので、合わせて学んでおきましょう。

【関連記事】

個別機能訓練加算ⅠとⅡの違いとは?7つのポイントをご紹介

個別機能訓練加算Ⅰと個別機能訓練加算Ⅱの違いを7つのポイントを踏まえて分かりやすくご紹介します。

個別機能訓練加算Ⅰの訓練メニューの種類とは

個別機能訓練加算Ⅰの訓練メニューは、身体機能の維持・向上を目指した複数のグループ活動を用意しなければなりません。では、個別機能訓練加算Ⅰの訓練メニューにはどのような種類があるのでしょうか?

身体機能の維持・向上を目指した訓練メニュー

1)筋力トレーニング

2)ストレッチ(関節可動域訓練)

3)体力づくり

4)バランス訓練 など

疾病・疾患予防を目指した訓練メニュー

1)誤嚥予防(ごえん)

2)転倒予防

3)肩痛予防

4)腰痛予防

5)むくみ予防

6)パーキンソン予防

このように個別機能訓練加算Ⅰの訓練メニューは、主に「身体機能の維持・向上を目指したメニュー」や「疾患・疾病の予防を目指したメニュー」があります。

【関連記事】

初心者でもわかる個別機能訓練メニュー|個別機能訓練加算ⅠとⅡ

個別機能訓練加算の訓練メニューについては、こちらの記事で多くご紹介しています。個別機能訓練メニューを詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

個別機能訓練加算Ⅰの機能訓練メニュー【筋力トレーニング編】

ここからは、個別機能訓練加算Ⅰの機能訓練メニューとして活用できる「筋力トレーニング」についてご紹介していきます。

ふくらはぎの筋力トレーニング

機能訓練メニュー 初級編

 
 

機能訓練メニュー 中級編

 
 

機能訓練メニュー 上級編

 
 

[画面タップで詳細表示]

それでは個別機能訓練加算Ⅰの訓練メニューとして「ふくらはぎの筋力トレーニング」を「初級」「中級」「上級」の順にご紹介していきます。

こちらの運動は、ふくらはぎにある下腿三頭筋のエクササイズです。下腿三頭筋は、踏み込む力や安定感のある姿勢を保ってくれます。

下腿三頭筋の筋力がアップすることで、日常的に体が前に倒れない(耐久性のあるヒラメ筋)ことや坂道や階段をあげる(瞬発的な腓腹筋)ことに効果が期待できます。また、第2の心臓といわれる、足先から心臓に血流を送る作用があります。これはミルキングアクション(乳搾りのように筋肉の伸縮によって血液を心臓に送り返す)とも呼ばれています。

歩く距離が少なくなったり、運動不足の高齢者には是非取り組んで頂きたいトレーニングです。

スネの筋力トレーニング

機能訓練メニュー 初級編

 

機能訓練メニュー 中級編

 
 

機能訓練メニュー 上級編

 

[画面タップで詳細表示]

個別機能訓練加算Ⅰの訓練メニューとして「スネの筋力トレーニング」をご紹介します。弁慶の泣き所の位置にある前脛骨筋のエクササイズです。前脛骨筋は、歩く際につま先を持ち上げてつまづかないようにする役割があります。

前脛骨筋の筋力がアップすることで、階段や不整地でのつまずきを予防してくれます。
また、前脛骨筋は持久性のある筋肉ですので、低負荷で回数を増やすようにトレーニングを行う方が良いでしょう。

足の指の筋力トレーニング

機能訓練メニュー 初級編

機能訓練メニュー 中級編

 

機能訓練メニュー 上級編

 

[画面タップで詳細表示]

個別機能訓練加算Ⅰの訓練メニューとして「足の指の筋力トレーニング」をご紹介します。足の指は、足をついた際に衝撃を吸収したり、歩行中の蹴り出す力を発揮します。

足の指の筋力をアップすることで、特に前後のバランス能力を保ったり、歩行スピード(推進力)に大きな効果が期待できます。特に高齢者の女性では、靴や長年の生活の影響によって足の指が変形している場合がありますので、バランスを鍛える意味合いでも足趾のトレーニングは積極的に取り入れましょう。

個別機能訓練加算Ⅰの機能訓練における注意点について

個別機能訓練加算Ⅰとして機能訓練を提供するスタッフの皆様に、高齢者の筋力トレーニング指導における「難易度設定」の注意点についてご紹介します。

難易度設定のポイントは以下の5つです。一つでも当てはまる方は難易度が高い状態ですので少しレベルを下げた運動を提供しましょう。

難易度(強度)設定の判断基準

1)呼吸を止めていないか
2)フォームが崩れないか
3)動き出しが明らかに遅くならないか
4)動き出す、戻すの速さが異なる
5)痛みが出ない範囲か

まとめ

今回は、個別機能訓練加算Ⅰと個別機能訓練加算Ⅱの違い筋力アップを目的とした機能訓練メニューをご紹介しました。

個別機能訓練加算Ⅰでは、さまざまが病気や怪我を抱えているご高齢者に対して、安全でありながら、ご利用者様に合わせた機能訓練メニューを複数準備し、一人一人の計画書を作成しなければなりません。

このような問題を解決するクラウドサービスに「リハプラン」があります!

【オススメツール】

計画書業務を効率化し、強みを強化するツール「リハプラン」のご紹介

《こんな事業所にオススメ》

個別機能訓練加算を算定したい!

個別機能訓練メニューに悩んでいる!

業務効率化をして労働生産性を高めたい!

【最後に筆者より】

介護経営者のための情報サイト「リハプラン」では、これからも安定的な介護経営を実現するために必要な「個別機能訓練加算」についてのノウハウをご紹介します。個別機能訓練加算の算定にお悩みがあれば、ご気軽にご相談ください♬

著者プロフィール

author

大屋 祐貴

リハビリ専門職(作業療法士)として、回復期リハビリテーション病院や救急病院、訪問リハビリに勤務し、医療・介護現場の幅広い分野を経験。現場のリハビリテーションを技術を高めるため研修会を立ち上げ、これまでに100名規模の研修会も開催された。現在は、「職種を越えたリハビリ介護を実現する」をテーマに、リハプランの専属ブロガーとして活躍中。作業療法士の専門性を活かして、介護事業所で算定できる加算・減算の中でも「個別機能訓練加算」について算定要件や計画書の書き方、機能訓練プログラムについて執筆している。

〜筆者の想い〜
通所介護事業所(デイサービス)の約8割は、リハビリ専門職(理学療法士、作業療法士、言語聴覚士)が不在のため、看護師や柔道整復師、あん摩マッサージ指圧師が機能訓練を実施しているのが現状です。機能訓練指導員が、高齢者にあった最適な運動を提供するために必要なノウハウをわかりやすく解説します。

お問い合わせ

リハプランについて、なんでもご相談ください

必須問い合わせ項目
必須会社名・所属団体名
必須お名前
必須電話番号
必須メールアドレス
任意自由記入欄