最低限知っておきたい腹臥位でできる体幹トレーニング

運動療法を処方する専門家においては、腰部の負担などの理由から腹臥位の運動処方を躊躇される方も多いのではないでしょうか。腹臥位トレーニングは、背中の筋群の収縮を促すためには有効な手段であるとされています。対象を見極めた上で、今回ご紹介する腹臥位での体幹トレーニングを処方してみてはいかがでしょうか。

簡単・安心の個別機能訓練加算ソフト「リハプラン」

腹臥位の体幹トレーニングの注意点とは!?

腹臥位での運動療法を提供する場合、骨粗鬆症や圧迫骨折などを罹患しているケースなどは対象外となります。
その場合、医師の診察の下、評価を行い複式呼吸や等尺性収縮、座位での体幹伸展筋群のトレーニングなどを段階的に運動処方を行っていくと良いでしょう。

今回は、腹臥位での運動処方にはどのようなものがあるかを整理することを目的としており、どのケースに処方するかは専門家の皆様の判断に委ねたいと考えていますので、予めご了承ください。

腹臥位で体幹トレーニングをしよう ー腹筋編ー

まず、こちらの運動は、腹臥位で行う「腹筋群」のトレーニングです。

一般的に円背姿勢が強い方は、腹筋群の筋活動が働きにくいといわれています。

腹臥位での腹筋群のトレーニングも導入してみてはいかがでしょうか。

腹臥位で体幹トレーニングをしよう ー腹筋編2ー

次にご紹介する運動は「パピーポジション」でのエクササイズです。

体幹の安定性を高めるトレーニングとしてはスポーツ選手などにも指導する運動です。

on elbow(肘付き位)の状態で体幹を保持し、腹筋群の収縮を促していきましょう。

腹臥位で体幹トレーニングをしよう ー背中編ー

こちらの運動は、先ほどの「パピーポジジョン」より難易度がアップする運動になります。

on hand(手のひらを付く)の状態で体幹を保持することで、背中の筋肉を鍛えることができます。

困難な方は、膝を付いて行うことで難易度を調整することも可能です。

腹臥位で体幹トレーニングをしよう ー上体反らし編ー

この運動は、ご紹介する運動の中でも腰部への負担が大きくなるため患者さまへの導入は困難でもあります。

しかし、胸郭を開くことも同時にできる運動でもありますので、対象を限定しながら運動処方を行ってみてください。

腹臥位で体幹トレーニングをしよう ー応用編ー

こちらの運動は、骨盤の調整を中心に行うエクササイズになります。

【運動のポイント】
上前腸骨棘でしっかりとボールを押しつぶすように行います。

いかがでしたか。腹臥位での体幹トレーニングに馴染みのない専門家も多いとは思いますが、適切に処方することで体幹筋群の筋収縮が促され、姿勢の改善を目的とした運動療法になるのではないでしょうか。病態やその方の状態を適切に評価した上で、幅広い運動から患者様に適した運動を選択していただければと思います。

 

デイサービス・機能訓練指導員が活用できる「リハビリ体操・運動」関連の記事を一挙にまとめました。状況に合わせてうまく活用していただけたら嬉しく思います。記事が増えていけば随時更新していきます。

→→ 【完全保存版】デイサービス・機能訓練指導員が活用できる高齢者のためのリハビリ体操・運動まとめ|随時更新

 

簡単・安心の個別機能訓練加算ソフト「リハプラン」 簡単・安心の個別機能訓練加算ソフト「リハプラン」

著者プロフィール

author

リハビリ専門職(作業療法士)として、回復期リハビリテーション病院や救急病院、訪問リハビリに勤務し、医療・介護現場の幅広い分野を経験。現場のリハビリテーションを技術を高めるため研修会を立ち上げ、これまでに100名規模の研修会も開催された。現在は、「職種を越えたリハビリ介護を実現する」をテーマに、リハプランの専属ブロガーとして活躍中。作業療法士の専門性を活かして、介護事業所で算定できる加算・減算の中でも「個別機能訓練加算」について算定要件や計画書の書き方、機能訓練プログラムについて執筆している。

〜筆者の想い〜
通所介護事業所(デイサービス)の約8割は、リハビリ専門職(理学療法士、作業療法士、言語聴覚士)が不在のため、看護師や柔道整復師、あん摩マッサージ指圧師が機能訓練を実施しているのが現状です。機能訓練指導員が、高齢者にあった最適な運動を提供するために必要なノウハウをわかりやすく解説します。

デイサービスメソッドを無料プレゼント!

デイサービスメソッドは、リハプランで扱っているデイサービスのノウハウを体系的にまとめたもので、ご利用者を元気にするためのメソッドです。 7章構成となっており、介護士やリハビリ担当者がすぐに現場で使えるハウツーに加えて、マニュアルやリスク管理、営業等、デイサービスの管理運営に役立つコンテンツも入っています。

リハプランについての資料請求、ご質問など
なんでもご相談ください。

必須会社名・所属団体名
必須お名前
必須電話番号
任意メールアドレス
任意自由記入欄